キヤノンの投資実績~配当利回り、配当金履歴紹介~

個別株式
我が家の保有している株について紹介するコーナー。
今回は日本企業のキヤノンです。

キヤノンについて

 

創業は戦前の1937年

戦前に小型写真機の開発から始まり、カメラメーカーとしての地位を確立し、
事務機器、複写機にも参入し、成長を遂げる。現在では、売上高4兆円を上げる日本を代表する企業となった。

 

キヤノン の業績について

 

2014年12月 2015年12月 2016年12月 2017年12月
売上高(百万) 3,727,252 3,800,271 3,401,487 4,080,015
営業利益(百万) 363,489 355,210 228,866 331,479

(2017年12月期 決算説明会 )

2017年12月期 決算説明会 データより

 

キヤノン のセグメント別売上高について

 

 2017年 売上高(十億円)
オフィス 1,865.90
イメージングシステム 1,136.20
メディカルシステム 436.2
産業機器・その他 731.7
消去又は全社 -90
 合計 4,080.00

 

2017年12月期 決算説明会 データより

 

キヤノン のセグメント別営業利益について

 

営業利益
オフィス 180.6
イメージングシステム 175.9
メディカルシステム 22.5
産業機器・その他 56.8
消去又は全社 -104.3
 合計 331.50

 

2017年12月期 決算説明会 データより

 

 

キヤノン の有名な製品について

 

EOS Kiss X9

 

PowerShot G1 X Mark III

 

キヤノン の株価推移について

 

 

キヤノンの5年間の株価推移

 

一時は4500円を超える気配でしたが、現在は3000円近辺をうろうろしています。

 

キヤノン の株式購入理由について

 

日本企業の中で株主を重視する会社だから

 

連続増配、自社株買いに積極的です。昨年の株主総会でもこの姿勢は感じました。

 

配当利回りが高いから

 

購入当時は税引き前は4パーセントを超える価格でした。

先述した株主重視の姿勢から、配当は当面維持されると考えています。

 

 

キヤノン の売買記録について

 

年月 数量 単価
2016年4月 200 3,273

 

 

キヤノン からの配当金履歴について

 

年月 配当金(円/税引後) (前年比) 配当利回り
2016年8月 11,953 3.65%
2017年3月 11,953 100%
2017年8月 11,953 100% 3.90%
2018年3月 13,547 113%
累計 49,406

 

キヤノン の株主優待について

 

キヤノンの株主優待制度はありません。

 

キヤノン のパフォーマンスについて

 

 

年月 元本 評価額 成績
2019年1月 654,600 627,800 -26,800

-4.1%

 

キヤノン の総合パフォーマンスについて(配当金含む)

 

 

年月 元本 評価額 配当金 評価額+配当金 成績
2019年1月 654,600 627,800 49,406 677,206 22,606

3.5%

 

キヤノン の配当金回収率について

 

投資額 累計配当金 回収率
654,600 49,406 7.5%

 

 

キヤノン に投資してみてひとこと

 

 

奥さん
奥さん

キヤノンは今まで配当金を5万円も出してくれいるんだね。

ありがたし。

ただ、今後は、コンパクトデジタルカメラがどんどんと減っていくから心配だね。

 

旦那
旦那

そうそう、どんどん、スマホで充分という人が増えてくるからね。
そちらはどうですか。

奥さん
奥さん

iphoneのカメラ画質に不満はあるけれど、一つ荷物が増えることを考えると、iphoneでいいかなと思ってしまうんだよね。

 

旦那
旦那

そうそう、製品であげた「PowerShot G1 X Mark III」も使うと、やはりスマホとは写真の質が違うけど、ついつい持って行きそびれてしまうんだよね。

旦那
旦那

ただ、先日の日経新聞で、御手洗会長が「御手洗会長がコンパクトデジタルカメラが今後の利用台数はどんどんと減っていき、究極的にはプロ用しか残らないことを覚悟している」と発言していたので、今後の経営では織り込み済みだと思うんだよね。

 

旦那
旦那

医療分野にも力を入れているし、株主重視の姿勢が続く限り、ホールドですね。

旦那
旦那

そして、なんといったって、Jリーグのオフィシャルパートナーだし、頑張れ!

キヤノン!

 

奥さん
奥さん

いろいろ語って、最終的にはサッカーかい!笑