二郎系ラーメンの最高峰の一つ、豚星に行ってきた

ご飯

寒さ厳しい冬の平日、急に二郎系ラーメンが食べたくなり、豚星に行ってきました。
お店は、元住吉駅からオズ通りに出てから、7分ほどで到着します。(フロンターレ優勝おめでとうの垂れ幕が嬉しい!)

19:58(平日)にお店到着。 
とても混んでいると噂ですが、意外に混んでいないかも。
と思ったら、横に広い店内を生かした形の長い早速が。店内には17人待ちです。
早いうちに 店内に入ることができ、食券を購入。

初めてなので、小ラーメンにしようかと思いましたが、二郎系の汁無し好きとしては、汁無しを外せません。

食券を渡すと、店員さんが食券に、お客さんの特徴(?)を書いています。店内は座席数が多いため、どのお客さんがどの注文をしたかを覚えておくためでしょうか。このパターンは二郎系で初めて見ました。
そして、店内で待ちます、待ちます。
ふと横を見ると、カネシしょうゆのポリタンクが。二郎系といえば、カネシしょうゆですね。

待っている間、びっくりしたことが。トッピングで色々乗せられるようですが、その中の一つにマヨネーズがあります。
ニンニク入れますか?

これは、ニンニクやカラメなど無料のトッピングをどうするかということを聞かれているのですが、マヨネーズもこのタイミングで答えなければいけません。
ただ、一人のお客さんが、丼が席に届いた後に、マヨネーズお願いしますと言ったので、店員さんは、先に言ってくださいよ!と怒ってしまいました。
マヨネーズの追加はしてくれたのですが、ルールをしっかり事前に勉強することを求めるスタイルのお店だと改めて実感。

自分も注意書きを良く読まねば。

そして、座席に着いたのが、 20時32分17人待ちで、34分の待ち時間でした。
ニンニクありで注文。お昼は抜いているので、お腹ペコペコの状態。
麺は固めが良かったのですが、さきほどのマヨネーズの券があったので、言い出せませんでした。

もやし、かつおぶし、少しのキャベツ、ニンニク、そして豚肉。

かつおぶしが入っているので少し魚介風の香りもしつつも、やはり二郎系、カネシ醬油とニンニクがガツンと効いており、パクパクすすみます。
そして、やはり評判の豚肉。これは、じっくり煮込まれており、程よい硬さで、しっかり味がついている。
評判になるわけですね。職権でお土産豚がありましたが、これ目的の人もいることに納得。

残念ながら、売り切れだったのですが、チャンスがあれば是非購入したいです。

食券でチーズや限定トッピングなど種類が豊富なので、次回行くことがあれば、様々なトッピングに挑戦してみます。ごちそうさまでした。
入店時間:19:58(平日) 
混雑状況:満席、行列
着席:20時32分
注文内容:小ラーメン(750円)の+汁無し蕎麦(80円) = 830円