台湾まぜそばの名店、麺屋こころに行ってきた

ご飯

大岡山駅から歩いて5分ほどの「麺屋こころ」を食しました。

名古屋の台湾まぜそば「はなび」で働いていた方が暖簾分けの形で、東京に「こころ」を出店。食べログでも評価が高く、TOP5000に入り、東京の台湾まぜそばのブームの火付け役らしいです。その人気は、数店舗の支店が出され、今やスーパーでも台湾まぜそば「こころ」の商品を見かけるほど。

訪れたのは、14時前。

学生街であるため、お昼時を外して行きましたが、さすがは人気店。中に待っている人も数人いました。

おなかが空いていたため、「全部乗せ」+「麺大盛り」を注文。

店内で待つ段階で、店員さんに、食券を渡します。

待つこと、10分、席があき、テーブルに着席、すぐに「ニンニク」入れますか、と聞かれ、仕事がありますが、「はい」と回答。テーブルの上に、紙エプロンがあり、お願いしました。こういう心遣いは嬉しいですね。

たっぷりのお湯が入った寸胴で茹で、ざるにあげ、湯切りをする際に、木の棒でこすります。(これは後で知ったのですが、麵の表面に傷をつけることで、タレをしみ込みやすくするためだそうです)

そして、ネギ、ニラ、魚粉、メンマ、味付きひき肉、煮卵、チャーシューが入ります。

全部乗せは、チャーシュー、煮卵、海苔あたりが追加でトッピングされています。
食べ方が案内でありました。食べる前にかき混ぜます。

汁が無いとはいえ、タレは結構、麺のすぐ下のところまではいっています。

食します。辛い、そして上手い、辛旨です。辛さは、単純な唐辛子ではなく、「麻」や「辣」の辛味も感じました。
トッピングで特筆すべきは、魚粉とひき肉。なかなか魚粉を食べることはないですが、魚の香りが出て、普通のまぜそばとの違いが出ます。

そして、ひき肉に味がしっかりしみ込んでおり、辛旨の源泉となっており、ニラ、ネギも美味しく食べれます。
麺に傷をつけてるおかげで、麺に良くタレが絡み、汗が出てきますが、あっという間に完食です。
タレが少々残っており、テーブルを見ると、追い飯なるものがあるとのこと。どのように注文するか迷っていたところ、店員さんが「追い飯いきますか」と聞いてくれたので
イエスの即答。ひき肉が少し残った辛旨のタレと白米。美味しいに決まってます。
こちらも一瞬で食べ終わりました。
「全部乗せ」+「麺大盛り」+「追い飯」はボリュームが凄くて、おなかがぱんぱんになりました。ごちそうさまでした。
いつか、名古屋を訪れた際には、本店「はなび」にも、行ってみたいものです。
【価格】
「全部乗せ」+「麺大盛り」 1,300円

【次来るとしたら…】
追い飯が無料でついてくるので、麺大盛りは必要無かったですね。

また、チャーシューも単独でも美味しいですが、ひき肉があれば充分な気がしましたので、次回は「台湾まぜそば」+「追い飯」を頼むと思います