武蔵小杉グランツリーの白ヤギ珈琲店は、あることに目を瞑れば、高得点のカフェ。デカフェも美味しい!

カフェ

毎週、恒例のスタッフミーティングを行うにあたり、お店を探していた我が家。

武蔵小杉のグランツリーの赤ちゃん本舗に行く用事があったので、その周辺にないかと調べることに。

すると奥さんから、前から興味があったの、と「白ヤギ珈琲店」の提案がありましたので、行って参りました。

アクセス

武蔵小杉のグランツリー内、

3階の紀伊国屋書店の奥にあります。

外観

内観

種類が多い座席

椅子も詰め込み過ぎという印象は受けず、広く感じます。

後述のセブンアンドアイホールディングスのグランツリーの敷地内ということもあるのでしょうか。余裕を持った設計。

テーブル席にソファー席、カウンター席。

珍しいのは、横隣りの席。

電車のようですが、きちんとコーヒーを置くテーブルも付いていて、意外に話しやすそうでした。今度、座ってみたいです。

壁にコーヒーの起源の絵

ヤギが何かを食べたら、小躍りして、それがコーヒーだったというお話が書いてありました。

絵本のようで、なんとなく楽しくなります。

メニュー

レジ上のメニュー

ラテ、サンドイッチ、サイフォンコーヒーがドドンと描かれています。

カウンターのメニュー

飲み物に加えて、サンドイッチ、パンケーキが目立ちます。

カップパンケーキサンデーに惹かれますが、飲み物だけと決めているので、ドリンクを注文します。

注文内容

デカフェ475円

アイスチョコラータ442円

着膳

デカフェ

サイフォンコーヒーとは、昔ながらの抽出方法で入れたコーヒー。

このお店では、ランプを使った「光サイフォン」によって抽出されたコーヒーを提供しています。

その方法で抽出されたこちらのデカフェ、豆の味を良く感じられます。

デカフェを飲まざるを得ない妊娠中の奥さんですが、とても気に入ったようです。

アイスチョコラータ

アイスチョコラータも、ココアのようでありながら、チョコの感覚もあって、美味しい。

設備

店内には、カウンター席にはコンセントが常備されています。

一人で黙々とパソコンに打ち込んだり、勉強したりと作業をする人もいました。

感想

お店に、一人でゆっくりくつろぎたい人、おしゃべりしたい人、作業したい人向けに様々な種類の席が用意され、まさに理想的で、いろんな人にお勧めしたいカフェでした。

しかし、一点ほど、注意事項があります。

グランツリーという施設には、武蔵小杉のほぼ全ての子育て家族が休日に集まっているのではと思うくらい、子供連れが多いです。

当然、赤ちゃん、子供向けの工夫がされている店舗がありますが、カフェがある紀伊国屋書店にも、子供が遊べるコーナーがあります。

ずっと上機嫌でいてくれたらいいのですが、泣き叫ぶ場面も。すると、子供の泣き声がカフェ店内に響き渡ります。そのボリュームたるや、なかなかのものです。

そのため、子供の声が気になる人にはお勧めできません

ただ、グランツリー自体が子供いっぱいなので、入店する人はほぼ覚悟はできていると思います。

私たちも、まもなく子供が生まれる予定ので、全く気になりませんが、そうした人たちにとっては、コーヒー、座席、設備、とも、カフェとして利用するには、全て高得点。

今後も武蔵小杉でカフェを利用するとなったら、第一候補に上がるくらい、気に入りました。

雑談 カフェブランドについて

この白ヤギ珈琲店は、セブンアンドアイホールディングスが手がけるカフェブランドです。

最近、カフェに力を入れているのが、すかいらーくグループ。

むさしの森珈琲が有名ですが、行ったことはありません。

すかいらーくグループの株主優待がまもなく届くはずですので、ぜひ訪れてみたいです。