育児日記45周目〜夏休みは実家でのんびりしながら父子帰省の記事を読む〜

育児日記、今週は45週目です。

生後45週目で初めて食べた離乳食について

高野豆腐

高野豆腐に挑戦しました。

アンパンマンの顔が入った可愛いものをチョイス。

ただ潰さなければいけないので、顔も潰れてしまったので、あまり意味がありませんでした汗。

喉に詰まるのが危険なので、小さくしてあげたましたが、感想は、気に入らなそう。

スポンジ状の食感が気持ち悪いみたいで嫌々食べ、少し残しました。

生後45週目の子供ができるようになったこと・やったこと

一人遊びが(一定の時間)できるようになった

その日の機嫌によりますが、一人遊びをするようになりました。

一人遊びしてくれる時は、

・構ってくれる人がいないとあきらめる

・機嫌が悪くはない

という条件があります。

構ってくれる人が周りにいる、と認識すると、「ほらーなんで遊んでくれないの!一人にするの!」といった様子で泣きながら主張します。

またすぐ近くに大人がいても機嫌良く一人遊びをすることもあれば、部屋に遊んでくれる人が居ないことが明らかでも泣き叫んで主張することもあるので、多分に機嫌によりますね。

生後45週目の子供との行事・イベント

夏の帰省はお家でのんびりと

お互いの会社の夏休みが似た期間だったので、旦那である私の実家に帰省をしました。

本来は4泊5日の予定でしたが、子供がお腹の調子が悪く病院に行ったため、3泊4日。

夏の帰省で持参するもの

1日短くなっとはいえ、長丁場。

動きが活発になってきた子どもと過ごすためにアイテムを持って行くことにしました。

まずは先日購入したベビーゲートです。

実家に持っていくことは想定していなかったのですが、組み立て自由・持ち運びしやすいという点は非常に助かります。

車で迎えに来てくれたので、せっせと詰め込みます。

持ち運びしやすいとはいえ、かなりの大荷物なので、ご近所さんからは、「あれ、引っ越しかな」と思われたかもしれません。

他にも、子どものおもちゃたくさん、鼻水吸い取り機、作業用のノートパソコンなど、盛りだくさん。

夏の帰省の過ごし方

せっかくの夏休みなので夏らしいお出かけをしたかったのですが、子どもの調子も万全ではないため、お家でのんびり過ごすことにしました。

私の両親も仕事をしているので、せっかくの休みにお出かけをしたかったのに申し訳ないと思いましたが…

両親の孫への愛情は増すばかりで、一緒に遊べるならそれだけで良いよ、といった様子。

朝)

子供が6時頃起きる → 祖父母が遊んでくれ、我々は9時頃まで遅寝 → 朝食 →

午前中)

我々は映画・買い物など → お昼に帰宅

午後)

曾祖母、叔母が遊びに来て、皆でお茶

又は

子どものお昼寝に合わせて皆でお昼寝

夜)

子どもを寝かしつけた後は、家族でおしゃべり

といった過ごし方でした。

子どもを看てくれているので、ニトリにジョイントマットを買いに行ったり、映画を観にいったりとリフレッシュできました。

映画はライオンキングを観てきました。実写化がめじろ押しのディズニーですが、奥さんの評価はその中でもベスト。喜んでもらえて良かったです。

実家に行くと子供が成長(?)する

実家に行くと毎回、子どもがなにかしら「今までできなかったこと」が「できるようになりかける」状態になるような気がします。

普段と違う環境、人との触れ合いに刺激を受けて、「こんなことができるんだよ!見てみて!」というモードに入っているのかもしれませんが、

今回は先述した「一人遊び」が長い時間できるようになりました。

こうした「進化の過程のようなもの」を見る時は本当に幸せです。

生後45週目のまとめ

新聞記事を読み、義理の両親、祖母と仲良くしてくれる奥さんに改めて感謝

たまたま実家にあった朝日新聞を読んだところ、奥さんが「父子帰省」という記事を見つけました。

お盆にあえて父子帰省 妻から感謝、識者「当然の流れ」:朝日新聞デジタル
 お盆は一家そろって故郷に帰省――。そんな恒例の風景の一方で、父親と子どもだけで父親の実家に帰る「父子帰省」が注目されつつあります。なぜでしょうか。 「自分の実家へ妻を連れて帰省すると、両親も妻も気を…

この記事は、

父子で帰った方が、「旦那」「妻」「実家」の3者皆ハッピーになるというものです。

なるほどと理解する一方、我が家は、奥さんがお出かけするなど「父子帰省」と「父母帰省」の両方のパターンがありますが

大きな違いはありません。

奥さんも「行きたかった」と言ってくれるほど、旦那の実家に帰ることが全く苦ではなく、もっといたいと言ってくれるので、本当にありがたいです。

良好な人間関係を保つには、思いやりにもとづく、定期的なメンテナンスがマスト。

旦那である私なので、しっかり役割を果たしたいと思います。