【2018 J1 第33節】FC東京 VS 川崎フロンターレ

試合結果

FC東京 0 ー 2 川崎フロンターレ

選手採点

GK 1 チョン・ソンリョン 6.5

前半、ディエゴ選手の決定機をがっちりとキャッチ。ビルドアップでも二点目の起点となるつなぎで貢献。

DF 18 エウシーニョ 6.5

ボールをもらってから相手をいなす技術、大外を走る動きに加えて、中へのカットインからのパスにシュートと、エウソンの良さが十二分に発揮された。去就が気になるところ。

DF 3 奈良竜樹 6.5

古巣相手に球際を厳しく詰め、身体を投げ出す。パワフルなディエゴ選手、スピード抜群の永井選手にも結果的に0点に抑える。セルフジャッジは避けたい。

DF 5 谷口彰悟 6.0

前半足を滑らせた場面、後半のペナルティキックにつながる場面以外は、冷静な対応。パワーとスピードを併せ持つディエゴ選手への裏抜けにもクレバーな処理。

DF 7 車屋紳太郎 6.5

久しぶりの長谷川との左サイドのコンビも上々。縦への意識も積極的だった。

(67分→DF 2 登里享平 6.0)

ポジショニングに気を配り、ボールを動かすことを意識したが、ゲームの流れは変えられず。

MF 25 守田英正 7.0

相手に囲まれても奪われないテクニック、逆サイドへの配給、守備の強さなど、日本代表の力を見せつけた。

MF 32 田中碧 6.5

プロ初先発。中盤で奪われ、ピンチを招く場面もあったが、攻守の切り替え、ターンのトライなど100パーセント出し切った。

MF 14 中村憲剛 6.5

序盤、上手く回せない時間帯は最終ラインまで落ちて来て、ボール回しに加わる。トップ下に位置した時は、急所を狙い続けた。チェインシングも頭が下がる。

(77分→MF 8 阿部浩之 6.0)

左サイドバックの太田選手を抑えるために、投入されたか。任務を果たした。

MF 41 家長昭博 6.5

フィジカルを生かしたキープからドリブルまでピッチの上で存在感を放つ。チームもそうだが、田中のような若手は特にボールを奪われない存在は、預けどころとして有り難いはず。

MF 16 長谷川竜也 7.0

久しぶりの先発出場。気持ちが入ったプレーを全面に出し、チームに貢献。追加点時もゴール前に顔を出している彼の良さが出た。

FW 20 知念慶 7.0

相手のパスミスを落ち着いた強いシュートを放ち、先制点。いつもシュート練習で見る、強い速いボールだった。最前線の溜めを作り、攻撃を作る。

(82分→MF 27 鈴木雄斗 ー)

時間短く評価なし。

鬼木監督 6.5

クラブ期待の若手、田中碧を抜擢。来季のための人選だったが、大事なクラシコにも勝利。

内容と結果を見事両立させた。