【2018 J1第18節】湘南ベルマーレ VS 川崎フロンターレ

試合採点

試合結果

湘南 0-0 川崎F

選手採点

GK 1 チョン・ソンリョン 6.0

湘南のプレスに慌てる場面はあったが、シュートも落ち着いて対処。

DF 18 エウシーニョ 6.0

最前線まで飛び出しチャンスを演出した。相手が引いてくる中では、中にカットインしてからのシュートを枠に飛ばしたい。

DF 3 奈良竜樹 5.5

時折前線へのフィードを見せ、攻撃でもアクセントを出そうとし、惜しい飛び込みも。ゴール前の競り合いは最後まで身体を張ったが、ボールの処理を誤り、危険な場面になりかねないところも。

DF 5 谷口彰悟 6.0

サイドに開いた相手には最後までついて行き、激しく対処した。こうした苦しい試合こそ、セットプレーでの得点に期待したかったが

DF 7 車屋紳太郎 6.0

自身のサイドに流れるフォワードは谷口、阿部とも連携し、冷静に対処した。攻撃ではラスト10分になると始まる縦への切り込みがあったが、もっと序盤から仕掛けてほしい。

MF 22 下田北斗 5.0

古巣との試合だったが、厳しい寄せに苦しむ場面も。ボールを前につける意識は高く、つながったキックもあったが、ミスパスがほとんどになってしまった。消化不良で悔しい交代。

(71分→MF 27 鈴木雄斗 5.5)

縦への推進力、ゴール前の迫力は見せた。

MF 10 大島僚太 6.0

縦への鋭い楔、逆サイドへの危険なクロスなど見せ場は作ったが、ゴールまではつながらず。
6バックで引いてくる相手には、切り込み、ミドルシュートが必要になってくる。

MF 14 中村憲剛 6.0

前線へのプレスを誰よりも果敢にこなし、アイディアをプレーで具体化したが、ゴールは奪えず。自身のミドルシュートは大きく枠外に。

MF 41 家長昭博 6.0

シュートの意識が高く、ミドルを何度も放ったが、ゴールはならず。足の筋力がありすぎるのか、抑えて打っても、枠を飛び越すシュートになってしまった。運ぶドリブル、取られないフィジカルにシュートを正確に枠に飛ばすことが加われば、鬼に金棒。ゴールへの意識は維持してほしい。

(82分→FW 20 知念慶 4.5)

エースを見習い、決定機を外しても外しても、ボールを呼び続ける姿勢を備えてほしい。次回に決めるために。

MF 8 阿部浩之 5.5

湘南のハイテンポのサッカーに、巧みなボールの置き方、守備でフロンターレのリズムを作ろうとするも、前半途中から波に飲まれ、時間が経つにつれて、存在感が薄れた。

(61分→DF 2 登里享平 6.0)

今回も、求められた左サイドの役割をこなし、PK奪取にも関与。

FW 11 小林悠 4.5

ペナルティキックを失敗したため、この評価だが、何度も蹴っていれば、いつかは息子の指示とキーパーの読みが当たることも。
外した後、落ち込みを見せない表情はキャプテンでエースの気持ちを感じた。

鬼木監督 4.5

相変わらず、連戦のスタメンに疑問が残る。
大雨の試合ということで、昨年のアウェイ柏戦を思い出されたが、あの試合では、柏の外国人フォワードを3人並べ、後手を踏み、驚異の粘りで引き分けに持ち込んだ。柏戦と比べると、ピッチは重馬場にはなっていなかったが、それを踏まえても、パワーがある知念をスタメンで使わなかったのは疑問。エースの小林は前節体調不良で途中交代となっており、中2日でのアウェイ長崎戦を控えているのならなおさら。