クルマ選び①~選び方を決めよう~

実家でのクルマ選びのお話です。
現在、乗っている車は、2005年3月に購入したホンダのCR-V。
ディーラーで販売していた車を購入した新古車です。
非常に良い車で、大きな故障もなく、12年間走り続けてくれました。
ただ、車検が間もなく来ること、また最近のブレーキ・アクセルの踏み間違いによる事故のニュースなどを見て、買い替えを検討し、実家で車の購入を決断することになりました。クルマ選びのはじまりはじまり~

まずは、決めるための基準を作成。点数をつけ、順位付けすることにしました。

機能面は、50点満点で行います。
評価項目をA、B、Cに分けて、採点します。
CR-Vに12年乗った人の観点なので、運転しやすさ(車高)、乗り心地、収納力、などもCR-Vがベースとなっています。
1)評価項目A について
→5点の配点となります。
・今の車(CR-V)より小さいこと
CR-Vの大きさが、
全長 4470mm  全幅  1795mm   全高1525mm
になるので、これより同じか小さいかで判定します。
同じ場合は、3点。小さい場合は、5点。
・自動ブレーキ(対車両)
・自動ブレーキ(対人)
・誤発進抑制機能(前方)
→最近、高齢の親にとっては、非常に重要な要素。それぞれ5点の配点とします。
・乗り心地
今のCR-Vとの比較になります。
かなり天井も高く、広く感じます。
・運転しやすさ
車高が高い車に慣れているので、低い車がどうなるか注目です。
2)評価項目B について
→3点とします。
・誤発進抑制機能(後方)
バックで間違えてアクセルを踏んで、スーパーの屋上から転落などのニュースを目にするので
そうした事故の防止のため。
・運転していてワクワクするか
ざっくりとした感想ですが、ワクワク感は意外と大事な要素なので。
・周囲の物・人感知センサー”
駐車の時に、四角に入った子供などに効果があります。
・バックモニター
駐車の手助けになります。
・車線逸脱警告
ウトウト居眠り運転の防止。オートクルーズコントロールとの組み合わせでほぼ自動運転になるとかならないとか。
3)評価項目C について
→1点の配点とします。
・トランク容量
今のCR-Vとの比較になります。旅行にも使うので、大きいに越したことはありません。
・オートクルーズコントロール
高速長距離で、あると恐ろしく便利と聞きました。
・燃費15km以上か。
今のCR-Vがかなり燃費が悪いので、この項目としました。
・ライト自動オン・オフ
トンネルを抜ける際に、自動だと、ラクチンです。
・オートハイビーム
かなり暗く、周りに車がいないところでは、
圏央道なども、ハイビームをつけないとかなり、怖いです。
検討する車は、以下の車種が候補にあがりました。
日産  ノート
トヨタ  ヴィッツ
ホンダ   フィット
マツダ    デミオ
マツダ    アクセラ
スバル    インプレッサ
次回は、これらの車の検討結果を紹介していきます。