副収入公開〜充実の9月とは一変し、寂しい10月に。年に4回配当の米国株が下支えしてくれました。

今月の配当金、株主優待等副収入について、紹介します。

2018年10月の配当金

イオンの配当金

保有株:100株

受取金額:1,355円

フィリップ・モリス・インターナショナル【PM】の配当金

保有株:70株

受取金額:7,109円

アルトリア・グループ[MO]の配当金

保有株;125株

受取金額;8,453円

ペプシコ【PEP】

保有株;30株

受取金額;2,283円

貸株

証券会社に保有株式を預けることで、貸株金利が得られます。配当権利確定日には権利を戻してくれるので、配当目的、優待目的で保有している身にとってはとても便利です。

なお、取得金額ではなく、現在の価格を基に何パーセントと決まってくるので、月によって、金額が少し変わってきます。

受取金額:430円(前月比 ー1円)

株主優待

今月は株主優待がありませんでした。吉野家はいつも早く届くので、10月に来るかもと思いましたが、来ず。

寂しい月となりました。

SBIポイント

SBI証券は、個別株式の購入や投資信託の保有によって、SBIポイントが付きます。

このポイントは、Tポイントとそのまま割引なしに、交換できるので、ほぼ現金と同じ形で利用できるので、大変便利です。

ただ、メインとしている投資信託のポイントがほぼつかないので、これ以上のポイント付与は厳しいことが残念です。

こちらも、貸株同様、取得金額ではなく、時価が反映されるので、金額が変わってきます。

idecoで購入しているSBI証券の投資信託は、こちらのポイントに加算されないようです。がっくり。

238ポイント=238円 (前月比+18円)

まとめ

各項目

配当金合計:19,200円

株主優待:0円

貸株金利合計:430円

SBIポイント:238円

合計:19,868円

ひとこと感想

先月の充実した配当金、株主優待とは打って変わって、寂しい月となりました。

それでも、年に4回配当してくれる米国株の配当金があるので、2万円近い副収入となり、心が落ち着きます。

子供が産まれ、残業もできないため、(残業代頼りになるのはいけませんが)、額は大きくなくても、こうした副収入のありがたみを実感する10月となりました。