地元に愛されるらーめん店。赤坂一点張 たまプラーザ店は本店とは雰囲気異なるも、絶品炒飯は健在!

ラーメン

赤坂 一点張 たまプラーザ店に行ったきっかけ

以前、赤坂一点張のお店の記事を書きました。

炒飯の美味しさに感動!~赤坂一点張でラーメン・餃子・炒飯を食す~
赤坂一点張を訪れたきっかけ 赤坂の用事の帰り、お腹が空いていたので、どこかで外食してから帰ろうかという話になりました。 ラーメンの気分ということで、お店を探すことに。 駅からほど近い、赤坂 一点張に決めました。 赤坂一点張について ...

炒飯の美味しさに感動しましたが、たまプラーザにも支店があることを知り、チャンスがあれば行ってみたいと思っていました。

が、ちょうどたまプラーザの無印良品に行く機会があったので、寄ってみました。

赤坂一点張 たまプラーザ店へのアクセス

 

たまプラーザ駅から徒歩5分もかかりません。商店街の中にあり、隣は串カツ田中など周りは飲み屋も多く、活気があります。

赤坂一点張 たまプラーザ店の外観

 

赤坂店は黄色い外観が特徴的でしたが、こちらは落ち着いた色合い。そんな中、黄色い提灯が目立ちます。

赤坂一点張 たまプラーザ店の店内について

赤坂店はカウンターと2人席がメインでしたが、たまプラーザ店はカウンターは8席、テーブル席が5席。

土地柄、ファミリー向けのようです。

 

赤坂一点張 たまプラーザ店 のメニューについて

 

 

季節限定の品も。

冷し中華始めました」の魅惑の看板。

(メニュー表では、冷しそばとの記載がありますが、同じもののようです)

赤坂一点張 たまプラーザ店の混雑状況について

訪れたのは土曜日の夜でしたが、幸いにも、すんなりと座れましたが、ほぼ満席でした。

  • 訪問日時:土曜日 夜
  • 混雑状況:ほぼ満席

赤坂一点張 たまプラーザ店で注文したものについて

 

この日は3人で出かけたのですが、皆、お腹がペコペコでしたので、がっつり注文しました。

  • みそラーメン(800円)
  • 辛みそラーメン(850円)
  • 冷し中華(950円)
  • 炒飯大(750円)
  • 餃子6ケ(400円)

 

みそラーメン

 

「札幌らーめん」と銘打っているだけあって、やはり味噌は美味しい!

コクがあるけど、あっさりしてる。絶妙です。

(ちなみに、「北海味噌と京味噌をブレンド」していると赤坂本店を訪れた時に知りましたが、最近、離乳食の関係で、「白みそ」の味噌汁などを飲むのですが、どこか通じる気も…)

 

辛みそラーメン

辛いですが、舌が痛くなるような辛さは全くなく、旨味を4メインに感じることができます。

それも、やはり、こだわっている味噌のなせる業。

冷し中華

 

長細くカットされた食材の盛り付けがまず美しい。

さすがに、味噌ではなく、醤油中心のスープですが、そのスープがコシのある麺と合うこと。

そして、お肉も、ラーメン店のチャーシュー。

冷し中華は夏の季語と言いますが、もう夏ですね。

炒飯 大

 

 

赤坂本店で食べ、美味しさに感動し、たまプラーザ店まで足を運ばせた一品。

店によってバラツキがあるのかな、赤坂本店だけかなといった心配は杞憂に終わりました。

こちらの炒飯も絶品。

サイコロチャーシューとたっぷりの卵、そしてご飯。具材はシンプルながらも、この味が作り出せるのは、お店の火力で炒める力味付けだからこそ。

この日も、家庭では食べられない味に感動しました。

 

餃子 6ケ

 

炒飯がとかく印象的な前回赤坂本店でしたが、この餃子も大変気に入っていました。

昨夏より多くの餃子を食べましたが、餃子の王将などより、このお店の、外はカリカリ気味、中はジューシーの組み合わせの大ファンになってしまったようです。

赤坂一点張たまプラーザ店 の感想

味については赤坂本店とほとんど変わらず、満足の一言。特に絶品炒飯が同じクオリティだったのはうれしい限り。

少し残念だったのは、店員さんの対応。炒飯を3人で取り分けるために、取り皿をお願いしたのですが、出てきた皿は2つのみ。もう一つお願いしたら、一人は大皿で食べたらいかがですか、という対応。結局、もう一皿出してもらいましたが、「渋々」といった反応で、赤坂本店がとても丁寧なだったからこそ、気持ちが良いものではありませんでした。店員さんの対応もお店の評価に直結するこの時代、この点はもう少し改善してほしいです。

 

お客さんは、年齢層も老若男女問わず、年配の方々からから、小さい子供連れの家族まで幅広いです。

特に、荷物が少なく、財布を片手にふらっと夕飯を食べにきたというお客さんが目立ち、まさに地元に愛されているお店だと感じました。

また機会があれば、訪れたいですね。