川崎フロンターレの2019シーズンチケット購入 その4~座席決定会編~

チケット

川崎フロンターレの2019シーズンチケット購入 その4です。

前回まではこちら。

川崎フロンターレの2019シーズンチケットを申し込んでみた。決め手はあの選手の存在!~シーチケ購入理由編〜
川崎フロンターレを応援して10年以上。2019シーズン、初めてシーズンチケットを購入するべく、動きましたので、その模様をレポートします。我が家のサポーター状況と申し込み枚数我が家のサポーター構成員我が家のサポーター構成員の紹...
川崎フロンターレの2019シーズンチケット購入 その2~嫁ブロックされていない奥さんにシーチケ購入を伝える編~
川崎フロンターレのサポーターのシーチケ購入。今回は、奥さんへ交渉するの巻です。奥さんの「サポーター状況」は嫁ブロック問題が話題になったときに、記事を書きました。幸いなことに現在でも「嫁ブロック」はされておりません。奥さんの...
川崎フロンターレの2019シーズンチケット購入 その3~シーチケ 申し込み、抽選結果編~
川崎フロンターレの2019シーズンチケットを申し込むことを決意しました。今回は、席種決め、申し込み、抽選結果について書きます。次は、シーズンチケットの種類です。川崎フロンターレ2019シーズンチケット購入の流れ川崎フロンターレ...

 

無事にシーズンチケットのSS指定席が確定してホッとして過ごしていた2018年12月。

座席決定会のお知らせを待ちわびていました。

12月29日 座席決定会の案内が届く

ポストを見ると、フロンターレからの封筒が。

 

座席決定会の案内がありました。ほっ。

ただ、この案内をよく見ると、中に、座席決定会参加票という表記と、集合時間開催時間決定順の記載がありました。

すでに、この時点で「抽選」が行われていることを知ります。

(ここで5割くらい、勝負は決しているのかもしれません)

この抽選順はどうしようもできないことなので納得しつつ、書類を確認すると、当初のスケジュール通り、1月12日の土曜日に等々力市民アリーナで行われるとのこと。

他の書類を確認すると、座席希望伺い書という書類がありました。

この書類は、当日決定会に参加できない方向けです。

メインSSの中でも、

  • 希望エリア(1階・2階、北側・南側)を選択し
  • 前寄り・中段・後寄り

などの希望を記入し、郵送で提出するものです。

この書類には、席のエリアにどのパーセンテージでシーズンチケットが割り当てられているかが分かりました。

こちらの書類を参考にしつつ、どの席を希望するか考えました。

どの席を希望するか考える

 

我が家は年末年始に座席決定会に備えて、希望エリアを話し合いました。

主な論点はこちら。

1階か2階か

  • 1階のピッチとの近さを取るか、2階の見易さをとるか
  • 2階の風が抜ける環境を取るか(春・秋と夏の違い)

北側か南側か

北側の応援中心部に近い席を取るか、アウェイサポーターの声も良く聞こえる南側を取るか

座席は前方か後ろか

前の席の臨場感を取るか、後方の雨に濡れない快適さを取るかなど

他にも、すでにシーズンチケットを保有している観戦仲間の方のご意見先ほどのシーズンチケット割り当て率を参考に、を話し合いました。

子供との観戦を第一優先順位に

 

最終的には子供と一緒に観戦するということを最優先に考え、座席の優先順位を決定しました。

 

座席決定会の流れ

会場の等々力市民ミュージアムです。

中では、2018年のフロンターレ展が開催されていました。

いつも等々力で見る光景も。

 

案内によると、会場は3階の研修室

上階へ進むエレベーターを探していると、企画展のすぐ横にエレベーターホールがありました。

フロンターレ展とはこの位置関係でした。

座席決定会の案内掲示もされています。

3階へ上がると、部屋の案内が。

 

ドドン!

エンブレム入りの案内がカッコいいです。

座席決定会の案内の紙を持って、受け付けへ進みます。

特に本人確認書類等はありませんでした。

続いて、待合室へ。

小さな会議室で、座席数は26席。

我々が到着したのは集合時間の15分前だったのですが、それでも席は埋まり気味。

室内は、なぜかミスチルが流れています。

5分前になると座席に座れない人が多数

立って待つ人も。

35人~40人程度でしょうか。

このブロックが13組あり、10時からから17時前まで随時行われるようです。

まるで、受験や就職活動の面接会場控え室のような感じでした。

この段階では、どの席がどの程度埋まっているか分からないため、私たちは事前に相談した席の優先順位、希望を確認していました。

そして、座席決定会の5分前、スタッフの方に呼ばれ、隣の会場に移動します。

先ほどとほぼ同じサイズの部屋なので、全員は座りきれないため、空いた席に早い人から座っていきました。

前方のホワイトボードには現段階の座席状況を拡大した図面。

前にはスタッフの方が4名。

早速、簡単な注意事項が述べられました。

  • 緑のシールは昨年度からの継続席
  • 青いシールは今年の座席決定会で選択されたもの
  • 色が付いていないところが空いている席

緑のシールと青のシールは北側が多く南側は比較的シールの無い座席が多かったです)

そして、1階の前6列までは雨が吹き込む可能性がある旨が伝えられました。

説明が終わると、

  1. 参加票の決定順に、氏名がスタッフの方から呼ばれます
  2. 呼ばれた方は、図面の前に立ち、座席を選びます
  3. 座席を選ぶと、スタッフの方が図面に青いシールを貼り、上に決定順の番号を記入します。
  4. 座席確認表を渡してもらい、受付で最終の署名(サイン)をし、控え分を預かる。
  5. 以上で終了です。

我が家は部屋に入ってからは比較的早く呼ばれたため、この部屋に入ってからは10分程度で終了しました。

川崎フロンターレのシーズンチケット座席決定会に参加する方へのアドバイス

来期以降、メインSSなど指定席のシーズンチケットを購入予定の方は、

参加した試合の座席の記録座席からの写真を残しておくとともに、見え方、見えやすさなどの感想をメモしておくことが良いと思いました。

座席決定会当日は、スタッフの方は優しく、早く決めろよ的な雰囲気は全く出しませんが、後ろの人が待っているので、早く決めなければならないプレッシャーは強く感じます

また、思いのほか早く順番が来て前方の図面を見る余裕がなかったり、予想より座席が空いている場合など、選択に悩みます。

そんな時、こうした記録が役立ちます

例えば、215ブロック、210ブロックが空いていた場合、

  • 215ブロックのこのあたりの席からは少し反対側が見づらかったな~
  • 210ブロックはどちらのゴール前も良く見えて良かった

などの記録があると、判断する時間が短い中で助けとなります。

我が家はこうした記録を意識的には残していなかったので、バタバタしてしまいました 汗。

(選んだ後で、記録を見たら、今回選んだエリアで観戦した時を思い出すと、非常に見えやすい席かつ快適だったことを思い出したので、結果オーライでしたが 笑)

また、周りの方の感じが良さそうなサポーターの方がいたら、思い切ってその方の近くを選ぶというアクロバットな方法もあるかもしれません。

これは、これまでシーズンチケットの購入を躊躇していた理由の一つ、

  • 周りに野次ばかり飛ばす方々がいると、テンションがだだ下がりしていまう問題

の対処法ですが、その席が端っこや前や後ろなど限定的な場所であれば可能ですが、座席は基本的に全方向を向いているのがほとんどなので、なかなか難しいですね。

川崎フロンターレ2019シーズンチケットの座席決定会に参加した感想

川崎フロンターレのスタッフの方は大変ということを改めて実感

ボランティアの方やアルバイトの方々もいると思うのですが、シーズンオフにもかかわらず、こうした決定会を開催するにあたって、事前準備、終日拘束される当日のマンパワーなどかなりの負担になっていることが想像できます。
しかも、一組一組がかなりの熱量を持って臨んでくるので、受ける方も大変です。3日後には全スタッフ総動員の必勝祈願もあるというのに…頭が下がります。

次は本筋とは全く離れます!

シーチケ購入=家を購入と似ている!?

今回のシーズンチケット座席決定に至るまで大変な緊張と精神的疲弊がありました。

申し込むか否か座席の種類席の優先順位の決定など事前に話し合いを重ねてきました。

更に当日の緊張感とっさの判断、座席決定の安堵感と座席周辺にどんな方が来られるかの不安感が合わさり、くたくたになってしまいました。
帰り道、等々力市民ミュージアムからバスで2人で話していたのは、この流れは住宅を購入するプロセスに似ているのではないか、ということ。

  • マンションか一戸建てか
  • そもそも購入すべきか、賃貸にすべきか
  • どの項目を優先順位を高くするか
  • どの部屋を申し込むか

といった事前準備に加え、噂では人気マンションでは抽選があると聞きます。

ということは

  • 申し込んだ部屋が当選するか
  • 隣りの部屋はどんな人が入居するか

などの不確定要素と向き合いながら、購入を決断することになります。

しかも、金額は数千万円という単位。

今回、我が家からはシーズンチケット2人分を購入し、費用は約15万円
15万円(大金ですが)という金額で疲労困憊の豆腐メンタルの二人が、この200倍~300倍の金額の一連の契約行為に耐えられるとは思えません…

周りに家を購入した友人の話を最近良く聞くようになりましたが、皆さん、凄いです。尊敬しかないですね。

本筋とは全く関係ありませんが、思わぬことから、我が家では住宅購入は当面は無理、ということを実感することとなりました。

川崎フロンターレ2019シーズンチケット購入を終えて

なにはともあれ、無事にシーズンチケット申し込みが完了し、席が確定しました。

残念ながら当選できなかった方々の分まで、しっかりと応援して、選手たちを後押ししたいと思います!!