赤ちゃんを連れて等々力陸上競技場へ行き、Jリーグの川崎フロンターレ戦を観戦してきた

お出かけ

生後4か月の赤ちゃんを連れて、初めて等々力陸上競技場を観戦してきたので、その模様をレポートします。併せて、初の2019開幕戦のFC東京戦、カイマクラシコの道中記も。

 

 

奥さん
奥さん

テーマを一つに絞った方が良いと思うの…

 

 

旦那
旦那

わかっているのですが、せっかく写真を色々撮ったので、ついつい。

すみません。

 

我が家の基本情報

・30代の私、妻、0歳(まもなく生後5か月)の子どもの3人家族

・子供のミルクは混合(母乳、ミルクの併用)

・夫婦ともに川崎フロンターレのサポーター

・ 昨秋、2019シーズンチケットを初めて購入

・ 座席はメインスタンドSS

購入奮闘記はこちら。

 

川崎フロンターレの2019シーズンチケットを申し込んでみた。決め手はあの選手の存在!~シーチケ購入理由編〜
川崎フロンターレを応援して10年以上。2019シーズン、初めてシーズンチケットを購入するべく、動きましたので、その模様をレポートします。我が家のサポーター状況と申し込み枚数我が家のサポーター構成員我が家のサポーター構成員の紹...

赤ちゃん連れの等々力陸上競技場観戦の当日の流れ

等々力陸上競技場へ向かった移動手段

移動手段:電車、ベビーカーは使わず、抱っこ紐で移動

ベビーカーはまだあまり好きではなく、親も取り扱いに慣れていないことが理由です。

自宅にて準備

ミルクを飲ませる

ミルクを飲ませるタイミングを迷ったのですが、競技場到着3時間前にしました。

これは、

スタジアムで泣いた場合、ミルクの間隔をある程度あけておけば、飲ませることが可能。

これは、お腹いっぱいだったら泣かないかもしれないので、卵と鶏論争なのですが、我が子の場合、どんな状況でも、ミルクを飲めば少しは落ち着くので、こちらを選択しました。

(もしかしたら、お腹いっぱいでも、スタジアムの音で泣いてしまうかもしれないので、その場合、ミルクを上げられなかったら、打つ手がほとんどない状態になってしまいます)

そのために、カバンに、哺乳瓶、お湯を入れた水筒、キューブ上のミルクを持って行き、すぐさまミルクをあげられるように準備しておきました。

フロンターレロンパースを着させるタイミングを考える

フロンターレロンパースを着させるタイミングを考えましたが、万が一、一張羅のフロンターレロンパースを着た後に、戻したりしてしまうと悲しいので、出発直前に着替えさせることにしました。

一帳羅に着替える

昨秋、赤ちゃんが産まれた直後、武蔵小杉のアズーロネロで購入したロンパースを装着します。

本人はえらくご機嫌で手足をバタバタ、にっこにこ。

フロンターレのユニフォームを着るのがそんなに楽しいか、我が子よ。

父は嬉しいぞ。

奥さんも、ロンパースを着ている姿を見て、可愛い~とご満悦。

でも、のんびりしている暇はありません、抱っこ紐にINします。

ところが、抱っこ紐に入ると、ロンパースがほとんど見えないことに気づきますが、

まぁいっかと二人で笑い、出発です。

13時 新丸子駅 到着 / 試合開始 1時間前

数日前の天気予報では雨の予報。

心配していましたが、見事に快晴。

天気も良いので、バスではなく、徒歩を選択。

歩いて近いのは、武蔵小杉ではなく、新丸子なので、新丸子で下車。

なお、我が子はすでに電車の中で眠りについています。

駅前のファミリーマートには、2019サポートショップ加盟店の掲示が。

クック、ふろん太くん可愛い!カブちゃんは花束を持っている新しいデザイン。

 

アンニュイなクマさんも、今日も元気に、のーんびりしています。

中原街道へと進みます。

先日のブラタモリで武蔵小杉が放送されたときに、小杉御殿が紹介されていました。

https://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list125/index.html

 

ここは何十回も通っているはずですが、この看板は全く目に入りませんでした。

西明寺を抜けます。

西明寺に、ペット霊園が設置されることを知り、時代だね~と会話をしながら、進みます。

天気も良く、歩いていて気持ち良いです。

等々力陸上競技場の周りの一段下がった道は、多摩川の河川跡だったことを先ほどのブラタモリで知り、びっくりしました。(多摩川は何度も水路が変わっているそう)

クラシコの旗を見上げて、進みます。

13時25分 スタジアム 到着 / 試合開始 35分前

等々力陸上競技場のBゲートが見え、スタジアム周辺は大賑わいでした。

FC東京の番組、「F.C.TOKYO COLORS」のインタビューも行われていました。

新しいバス、かっこいいですね。

カッコいいのですが、ふろん太、カブレラが描かれていないのが少し寂しい。

(隠れカブレラとかがいるのかしら)

FC東京のバスの方が、東京ドロンパが描かれていて、マスコット推しのフロンターレっぽいです。

騒々しいですが、まだ元気に寝ています。

13:30 Bゲートに並ぶ

メインスタンドに入るのに行列ができていました。

が、流れはスムーズ。すんなりと入場します。

13:40 スタジアム入場 熱気で目を覚ます

スタジアムに入ると、開幕を待ちわびていたサポーターの熱気が凄いです。

座席に座りますが、熱気に気づいてしまったのか、ぱちりと目を覚まします。

この段階では泣いておらず、起きているだけです。

13:45 オープニング映像の音量で泣きだす

すると、オープニング映像が流れ始めますが、この大音量にびっくりしたのか、泣きだします。抱っこしている奥さんは、私に試合を観ていて、と言いながら、コンコースに散歩に出かけます。以下、奥さんからのレポートになります。

13:50 コンコースでお散歩

コンコースをお散歩。

グッズなどを見ていて、ウロウロしているうちに、またウトウトしてきました。

14:10 そっと席に戻る

眠りについたため、座席に戻ります。

ただ、眠りが浅いせいか、定期的にもぞもぞしていますが、なんとか前半を見終えます。

試合は押され気味。失点しないで良かった。泣かないで良かった。

15:15 後半開始後、覚醒

後半が開始して、目をつむりながらも、口をパクパクさせてきたが、後半15分過ぎに完全に覚醒。周りが声援で騒がしいのに加えて、お腹が空いていることに気づき、泣きだします。

すぐさま、コンコースへ出ます。

15:20 授乳室へ

ミルクをあげるため、コンコースから授乳室へ向かいます。

等々力陸上競技場に通ってずいぶんと経ちますが、授乳室があることを子供ができるまで全く知りませんでした。

地図上では、Bゲートの階段を上がってすぐそば。

本当にありました。(当たり前)

写真の奥(やや右)にある扉から入ります。

授乳室と張り紙の貼ってある部屋の前には、女性のスタッフの方がいます。

授乳室なので、当然入れるのは女性のみ。

中に入ると、ミルク、授乳中の3人の女性の方がいました。

部屋には、ベンチがあり座って、ミルクをあげることができます。

泣いている赤ちゃんのために、持参したセットでミルクを慌てて作り、瓶を外から冷やすためには水が必要。一度授乳室の外に出て、瓶に蓋をして、外から水をかけて、冷やします。

丁度良い温度になったところで、授乳室へ戻ります。

部屋に戻ると、先ほどの女性の方々はおらず、部屋には誰もいなくなって、一人きり。

赤ちゃんにミルクをあげながら、周りを見渡すと、な、なんと

サントリーの水が常備されていることに気づきます。

冷蔵庫の上のチェックシートに記入してから使う決まりがあるよう。しかも、無償のようです。ありがたいです。

そして、凄いと思うのと同時に、わざわざお手洗いに行かなくても良かった…

15:35頃 授乳室からも歓声は聞こえる

授乳室の中でも 歓声 は聞こえます。

ミルクをあげながら、ワッー!!と盛り上がっているのを聞くと、

あれ点入ったのかなと思い、

でも、アバンテが流れていないよな、惜しかったのか~などモヤモヤします。

15:50頃 試合はロスタイムへ

ミルクをあげて、げっぷや身体の伸びの運動をさせていたりして、授乳室の外に出ると、試合はすでにロスタイムに突入。

懸命にゴールを奪おうとするも、0対0のドローに。

16:00頃 スタジアムを後に

試合終了。スタジアムを後にします。

赤ちゃんはミルクを飲んで、満足したのか、にっこにこの表情。

なんとか無事に終わって良かった。

赤ちゃん連れて等々力陸上競技場の感想

スタジアム内の音(歓声、アナウンス)などに赤ちゃんはびっくり

初めて聞く音の大きさにびっくりして、眠っていた赤ちゃんが起きました。

家では寝ているときは、人の声やテレビの音が多少大きくても、起きない子ですが、やはりスタジアムの音のボリュームは違うと実感しました。

試合が観れない時間帯がある

これは事前にわかっていたことですが、赤ちゃんの機嫌によって、試合が観戦できない時間帯があることも。今回は、前半と後半開始15分が観戦時間でしたが、もっと観られないことを覚悟していたので、望外の結果でした。

赤ちゃん連れのサポーターも意外にいる

子どもがいない時はほとんど意識していませんでしたが、いざ、自分たちがその立場になってみると、赤ちゃん連れの方々が意外に多いことに気づきました。

自分達の席のブロックにも、赤ちゃん連れのお父さん一人という組み合わせのサポーターさんが。

その方は、試合途中に何度もたって、おそらくコンコースに出てあやして、また戻ってくるの繰り返しをしていましたが、最終的に前半途中で離脱し、戻ってこられませんでした。

ほかにも、意識すると、幼児連れはもちろん、赤ちゃん連れの方々もいました。

授乳室がとても助かる

授乳室がなかったらと思うと、ぞっとします。

授乳室を使ってみての感想はのちほど。

等々力陸上競技場の授乳室を使ってみた感想

いいね! 綺麗である

最近整備されたメインスタンドにあるのも理由だと思いますが、メインスタンドの授乳室は、とても綺麗で清潔感がありました。

いいね! 赤ちゃん用の水が常備されている

サントリーの水が常備されているのはとてもありがたいです。

また、贅沢なお話ですが、

試合が分かる液晶(TV画面)があると嬉しい

前述したとおり、声援は聞こえるのですが、結果が分からず、モヤモヤ。

コンコースに試合映像がリアルタイムで流れる液晶が設置されていますが、授乳室にも設置されていると、とてもありがたいと思います。

以上、赤ちゃんを連れてJリーグを観戦しに、等々力陸上競技場へ行ってみたの記事でした。

今後も、子どもと一緒にスタジアムへ出かけて、

  • ベビーカーで行ってみた編
  • 膝の上で観戦した編
  • 等々力陸上競技場の託児室に預けてみた編

などを書けたら思います。