株式会社コメダホールディングス[3543] の投資成績、配当金、優待について

保有株式イレブンを紹介するこちらのコーナー。
今回は、株式会社コメダホールディングスです。

株式会社コメダホールディングスの事業について

喫茶店、コメダ珈琲店の「経営管理を行う持株会社」です。
「モーニング」で有名な愛知県生まれですが、近年、関東でも店舗を増やしています。

「コメダ珈琲店」以外にも「おかげ庵」や「やわらかシロコッペ」などのブランドがあります。

株式会社コメダホールディングスの業績について

 

 

    決算年 2016年度 2017年度 2018年度
売上高(百万) 24,052 25,984 30,335
営業利益(百万) 6,885 7,206 7,568
経常利益(百万) 6,668 7,083 7,461
当期利益(百万) 4,508 4,904 5,117
EPS(円) 102.62 109.74 113.35

 

売上高、利益ともに伸びています。

 

 

株式会社コメダホールディングスの配当について

 

 

年度 一株当たり配当金(円)
2016年度 50
2017年度 50
2018年度 50

株式会社コメダホールディングスの株主優待について

全国のコメダ珈琲店おかげ庵で利用できる株主優待電子マネー1,000円分が入ったカードが付与されます。
継続した株主には、カードに自動的に半期ごとに1000円がチャージされます。年間2,000円分になります。なお、議決権を行使すると、500円分追加で付与されます。(私は毎年、行使しそこね、このポイントは付与されておりません)

株式会社コメダホールディングスを購入した理由

 

コメダ珈琲店が好きだから

 

私がまだ学生だった頃、父親に土曜日、または日曜日の朝、車でコメダ珈琲店に連れて行ってもらう
ことがありました。

そこで頼むメニューは、父親の真似をして、

 

トーストにゆで卵のモーニング、コーヒー

コメダ珈琲店HPより

お腹いっぱになるわけでもなく、特別美味しいわけでもないのですが、

大人ばかりの喫茶店で、背伸びをして食べるこのモーニングがとても好きでした。

そして、この落ち着いたお雰囲気が不思議ととても好きになり、色々な思い出補正も加わり、コメダ珈琲店は「好きな」お店になりました。

そんなコメダの株式が株主優待を始めると聞いたため、すかさず購入しました。

 

 

奥さん
奥さん

思い出も合わさったトータルでの「好き」だったんだね。

 

 

旦那
旦那

そうそう、大学生で免許を取ったばかりの頃、開店直後の車がほとんどいない中、駐車場でバックの練習を4、5回してから、モーニングを食べたことなどいい思い出。

常連でした。

 

 

 

奥さん
奥さん

モーニング以外にもメニューはたくさんあったよね。

 

 

旦那
旦那

そうそう、下の記事でも書いたけど、この間訪れた武蔵小山のコメダは良かったね。

 

コメダホールディングスの株主優待を使って、コメダ珈琲店 武蔵小山店でブランチを食べてきた。シロノワールは絶品。
我が家の保有している株式の優待を使う過程を紹介するこちらのコーナー。本日はコメダホールディングス、訪れたのはコメダ珈琲店 武蔵小山店です。コメダ珈琲店 武蔵小山店のアクセス東急目黒線 武蔵小山駅のエスカレーターを上がり、「日本一感...

 

株式会社コメダホールディングスの購入履歴

 

 

年月 数量 単価 合計取得株価
2016年6月 100 1,960 196,000

売り出し日に購入しました。
その後、株価は下落と上昇を繰り返し、2000円を少し超えたところでうろうろとしています。

株式会社コメダホールディングスの配当履歴

 

年月 配当金(円・税引後) 配当利回り(購入価格比) 前期比
2016年11月 2,118 2.16% 100%
2017年5月 2,118
2017年11月 2,118
2018年5月 2,118
2018年11月 2,118
2019年5月 2,118
2019年11月 2,118
累計 14,826

株式会社コメダホールディングスの株主優待履歴について

 

 

 

年月 優待(円) 優待利回り(対購入価格比)
2016年12月 1,000 1.02%
2017年6月 1,000
2017年12月 1,000
2018年6月 1,000
2018年12月 1,000
2019年6月 1,000
累計 6,000

※ 優待の単位は円とします

株式会社コメダホールディングス の配当金、株主優待を合わせた利回り、累計金額について

 

 

年月 配当金(税引き後・円) 優待(円) 合計(円) 利回り(配当+優待)
2016年下期 2,118 1,000 3,118
20179年上期 2,118 1,000 3,118 3.18%
2017年下期 2,118 1,000 3,118
2018年上期 2,118 1,000 3,118 3.18%
2018年下期 2,118 1,000 3,118
2019年上期 2,118 1,000 3,118
累計 12,708 6000 18,708

 

株式会社コメダホールディングスの損益について

 

 

 

年月 取得株価 評価額 成績(円) 成績(パフォーマンス)
2019年11月 196,000 210,000 14,000 7.1%

株式会社コメダホールディングスの株主優待を含む損益について

 

年月 取得株価 評価額 配当金(受領済み) 優待(受領済み) 合計 成績(円)

(パフォーマンス)

2019年11月 196,000 210,000 14,826 6,000 230,826 34,826 17.8%

株式会社コメダホールディングスのまとめ

今回記事を書くにあたって、改めて確認してみると、株価は購入当時とほとんど変わっていません。
ただ、その間に、株主優待と少しの配当金をもらっているので、損益はプラスになっています。
高配当の優待でもないですし、これぞ「好きだから保有している株」の元祖と言えそうです。

高配当、連続増配株ばかり買っている我が家ですが、こうした銘柄もたまにまぎれております。

今後も株価の大幅な上昇(キャピタル)は望みませんが、株主優待(一種のインカム)は維持し続けてほしいです。