武蔵小山の最高にオシャレなカフェ、パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥに行ってきた

カフェ

子供が生まれたからなかなか行けないので今のうちに行っておこうシリーズの一環で、病院での定期検診の帰りにカフェに行くことに。

訪れたお店は以前から気になっていたパティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥです。

訪問情報

アクセス

有名なパルム商店街がありますが、このアーケードにはありません。

武蔵小山駅から徒歩5分ほどでした。

訪問時間

平日の開店直前、10時50分頃に訪れました。一番乗りかと思いきや、すでに待っている方が1人いました。

外観

まるでラグジュアリー店のような外観です。

漆黒の扉も重厚感を出しています。

オープン前に掲示を確認すると、「ケーキ教室のお知らせ」が。

ぶどうのモンブランにショコラブランデーケーキ、難易度が高そうです。

反対側にもメニュー表が。9月期間限定のポスターが目立ちます。

「デセールプレート」、「ぶどうのパルフェ」。アート作品のようです。

注文の一つは決定です。

隣りのメニューに目をむけてみると、限定ケーキセットの文字が目に飛び込んできます。これは平日の14時〜17時までお得なセットがあるようですが、今回はまだ11時なので、利用できません。どうしようかと考えているうちに、オープンの時間がやってきました。

ドアを止めるストッパーもオシャレに感じてしまいます。

内観

入ると、ケーキ、焼き菓子が並びます。テイクアウトの場合は、こちらで購入し、そのまま持って帰ります。

カフェ利用の場合も、こちらで注文をした後、地下のフロアへ降り、席で待っていると、ケーキを持ってきてくれます。

注文はすぐに決まり、地下へ。

階段を降りると、やや薄暗い照明、ゆったりとしたソファーやテーブルの配置、素敵な装飾に驚きます。打ちっ放しのコンクリートもオシャレ感を醸し出し、まるで高級な家具を取り扱うお店のようです。

最初はテーブルに座ろうかと思いましたが、開店直後でお客さんは我々ともう2組のみ。

せっかくなので、ソファー席に座ることにしました。

混雑状況

平日の開店直後ということもあり、少なめ。我々がいる時間帯は人が入れ替わりながらも、我々プラス1、2組といったところでした。

注文

デセールプレート/ぶどうのパルフェ(ドリンクセット) 2,000円(税抜)

(ドリンク カモミールティー)

C ムースショコラ 650円 (税抜)

ホットコーヒー 520円 (税抜)

着膳

注文して10分後、ケーキ、パフェ一式が届きました。

デセールプレート/ぶどうのパルフェ

お店のとおり、美しい見た目。

このパフェを構成するのは、列挙するのも大変です。

イチジク、ぶどう、マスカット、ラズベリー、カシスアイス、グラノーラ、ぶどうゼリー、ヨーグルトムース…

凄いのは、これだけの種類の多さにもかかわらず、パフェ自体が一体感を持っていること。カシスアイス、ヨーグルトムースなど単体でも美味しいのですが、グラノーラと組み合わさることで、柔らかさにグラノーラのサクサクとした食感が加わり、美味しさが増します。そこに、ぶどうやラズベリーの果糖も加わり、口の中が幸せな空間となります。

C ムースショコラ

パフェの明るい色合いとは対照的なチョコレートムースショコラ。

お店のドアと呼応するかのようなダークな趣きがあります。

構成は、

「キャラメルムース、ラム酒でチョコレートを二層のムースにしており、イチヂクのコンフィチュールをアクセントに」しているとのこと。

強く感じられるラム酒の匂いに加えて、チョコレートの苦味、イチジクのコンフィチュールの甘さが渾然一体となって、複雑に絡み合うムースを成していました。

そして、ムースの上に載っているアーモンド達は見た目だけではなく、しっかりと美味しさを発揮していました。

ハイビスカスティーは、酸味がきいていて、爽やかな味でした。

まとめ

人気のお店でありながら、人が少なかったこともあり、ソファー席にゆったりと腰掛け、完成度の高いパルフェとケーキを堪能。多幸感に包まれる時間を過ごすことができました。支店が白金やたまプラーザにもあるそう。チャンスがあれば、ぜひ訪れたいと思います。

コメント

  1. […] 武蔵小山の最高にオシャレなカフェ、パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ… […]

  2. […] 武蔵小山の最高にオシャレなカフェ、パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ… […]