104 week お昼寝大作戦で法事に参加するも…

育児日記、今週は104週目です。

 

生後104週目の子供ができるようになったこと・やったこと

 

単語がつながり、組み合わせられるように

 

今まで、「バナナ」を「ば」、「大きい」を「おっちぃ」、「車」を「ブーブー」など単語で話していました。

バナナをおやつに欲しがったので、いつもより大きめのバナナを出すと、
「ば」「ば」、「おっちぃ」「おっちぃ」「おっちぃ」と喋った後に、「『おっちぃ』『バ』」と言いました!

これには夫婦でびっくり。
人間が言葉を覚えていく進化の過程を見た感覚いに包まれ、こうして言葉を覚えていくようになるのだと感動。
すぐさま親に報告しました。

 

習得している単語を全て吐き出そうとする

 

今覚えている単語は、「あか」「あお」「ぶーぶー」「ば」「おっちぃ」「じいじ」「ばぁば」など限られたもの。
この単語を、保育園から帰ってきてお風呂から上がるとき、寝る前にゴロンとしているときなど、
疲れが溜まったり、眠気マックスの際に、「あか」「あお」「おっちぃ」「ぶーぶー」と覚えている単語を片っ端から言おうとします。

どういうふうに脳が処理されているかは分かりませんが、まるで故障したラジオ、スピーカーのようです。
可愛いのですが、お風呂からあがろうとしているときに、単語を連発する姿は不思議です。

 

生後104週目の子どもとのイベント

 

 

法事に参加

 

奥さんの親戚の法事に行ってきました。
法要の最中に、子どもがぐずるといけないので、法要中は昼寝してもらおう作戦を立てました。

法要はお昼スタート、 会場は都心でした。
その前に向かったのは、ミッドタウン六本木。
芝生の広場があるようなので、子どもが芝生を走り回り、心地よい疲労感を覚えてもらうという企みです。

このプランは完璧のように思えましたが、問題は天気。
怪しい転校でしたが、予報は曇りでしたので決行しました。
ただ、駅に到着すると、既に雨が降っています。

ひとまずミッドタウンへ向かおうと思い、ベビーカーにカバーをかけ、傘を差して、雨の中進みます。
ミッドタウン内にあるリッツカールトンが見えました。
本来であれば、ここで芝生に行きますが、雨脚も強まってきたので、ひとまず建物の中へ。

お店はシャッターで閉まっている状態で、中は人がほとんどいない状態です。
芝生は厳しそう、どうしようかと考えていると、ミッドタウンの中を子どもが散歩することは可能かと考え、警備の方に聞いてみると、オーケーとのこと。

11時までの間、子どもは散歩をします。

目をひいたのは、噴水とヒツジと車、この三点。

特徴的な噴水のような糸が流れている様が、子どもの注意を惹きます。

そして、まだオープン前のシャッターのお店前に、ヒツジの置き物にも興味深々。
ガラスをもろともせず、触ろうとするので、慌てて止めます。

そして、最後は、車。
本来遊ぶはずだった芝生の前に道路があり、そこに車が定期的に通ります。
しかも車は六本木ということで、高級車ばかり。
子どもは珍しい車に目を輝かせています。

この三点をぐるぐると回って、なんとか11時までもたせました。
その後、セブンイレブンで「耳まで美味しい食パン」を購入し、持ってきたおかずと一緒にお昼。

子どもは、車を見ながらご機嫌の昼食。

その間、、奥さんはセブンイレブンに行く途中で気になっていたアイスクリームのお店に向かいました。

美味しさに大満足。値段も意外にリーズナブルでした。

この後、子どもは食べ終え、ミッドタウンを後にし、法事の会場へ向かいました。

すぐに寝て、作戦通り。寝ながら、到着。奥さんのご両親と合流しました。

まだ寝たまま、作戦通りと思っていたところ、なんと法要の5分前にお昼寝からお目覚め。

やむを得ないので、起きたまま臨みます。

普段聞いたことのないお経と木魚の音に興奮しつつも、興味が続いたのはひと時。
その後は、「あっちあっち」と部屋の外を指さして、外に出してくれの大アピール。
やむを得ず、スマートフォンでこっそりと音無しで新幹線の動画を見せて、乗り切りました。