育児日記 44周目 まさかの祖父への人見知り!?

子育て

育児日記、今週は44週目です。

生後44週目の子供ができるようになったこと・やったこと

リビング用サークルを導入してあれこれ

先週、導入したリビング用サークルですが、色々なことが起きました。

まずはサークル内でのひとり遊びについて。

安全も確保されているため、一人で遊んでくれることを期待していました。

機嫌の良い時は、サークル内でご機嫌に一人でしばらくの間、遊んでくれます。

とある日は、妻の両親来訪のため、大慌てで片付け。

その間、サークルでおとなしく絵本を見ててくれた。しかも、自分で表紙を開けるようになっていました。

進歩に感動。

ただ、機嫌が悪い時は、大人もサークルの中に入ることを要求します。

一緒にサークルに入っていると一人で遊んでくれるのですが、中にいるときも、定期的にちらちらといることを確認しています。

その姿はとても可愛いのですが、夕飯を作らなければいけないときなどは中々難しいです。

ただ、良いこともあります。

サークルにつかまり立ちができるようになったので、その立ち姿のまま、朝の準備ができるようになりました。

子どもは「おかあさんといっしょ」を観ながら、大人が保湿、着替えをします。

寝ながらの準備よりもだいぶ楽なので、助かります。

寝るときの耳元への奇跡のささやきボイスで寝る

我が子は寝る時にすんなりとは寝てくれず、眠い→ひと泣きする→粘り強く→寝るという一連の流れがあります。

一計を案じて、耳元へささやくのはどうかと考えました。

最初の「眠い状態」の時に、耳元でささやき、「おやすみ~」を繰り返す作戦です。

結果は、効果てき面ですぐに寝てくれました。

この結果に喜び、翌日に試すも失敗。翌々日も失敗。

どうやら初日が奇跡だったようで、そう上手くはいかないものですね。

人見知りについて

先述のとおり、今週は妻の両親が来訪しました。

久しぶりだったためか、妻の父親に人見知りをしました。

妻の母親は大丈夫だったのですが、これは生後直後約半年一緒に過ごしていたからでしょうか。

最初の1時間は、人見知りが続き、妻の母親から笑顔で離乳食をもらいながらも、

妻の父親の方をチラ見して、様子を伺っている模様が面白かったです。

その後、慣れてきたのか、ニコニコしていたので一安心です。

ついに絵本を破く

サークル内で絵本を読んでいて我が子。大好きな「きんぎょがにげた」を破ってしまいました。

子どもは全く悪くないのですが、半年以上使ってきた絵本なので、妻はショックを受けていました。

ただ、本人はニコニコとのこと。

思い出の絵本なので、修復しようと思います。

続いて、絵本は片付けて、園でもらったお便りのコピーを代わりに渡すと、夢中でぐちゃぐちゃビリビリ。

他のおもちゃとは段違いの集中力!!初めから紙をあげればよかったなーと、反省しました。

生後44週目の子どもの体調

熱もなく、下痢の症状もおさまり、体調が良い一週間でした。

ただ、経過観察で病院に行くと、左耳の中耳炎がまだ若干残ってるとの診断。

あとは自然治癒で大丈夫だと思うとのことで、一旦薬は終了。

もしまた風邪気味になったら早めに受診をしてくださいと言われました。

保育園のプールも水に長く浸かる等しなければ大丈夫とのことで、ひと安心です。

生後44週目のイベント・行事

友人と子連れランチ

妻の友人と子供連れでお店で食事をしました。

子どもは、同じ学年の子。

外のレストランだったので、心配していたので、新しいおもちゃも買って臨みました。

レストランに入店すると、直後は準備していた新しいおもちゃでご機嫌だったが、すぐにぶーぶー言いだしたのでとりあえずミルク飲ませます。

その後も定期的に声を上げるが、おせんべいやおもちゃで誤魔化しました。

12時前頃から本格的に眠くなってきたのか、グズグズが頂点に。

いったんお店を出させてもらい、抱っこ紐で寝かしつけ。

ただ、座ると、起きかけてしまうため、座ることは許されません。

気付いたら、相手も同じ状態だったので、お互い、立ち食い状態。

そんな状態の「優雅なランチとは程遠いものでしたが、久しぶりに会えて、育児トークにも花が咲き、リフレッシュできました。

また、お店全体が子連れが多くにぎやかだったため、割と気は楽でした。

改めてお店選びがとても重要だと学びました。