育児日記23週目  保育園の入園説明会に参加

育児日記。今週は23週目です。

生後23週目の1回あたりの赤ちゃんの人工ミルク量について

140~180ml / 1回

先週に引き続き、 140mlで足りなそうだったので、180mlに増やしてみました。

結果は後述します。

生後23週目の赤ちゃんの睡眠時間について

3時間~5時間

生後23週目の赤ちゃんができるようになったこと・やったこと

ミルク増量チャレンジ週間

腹持ちを試すため、日中のミルクの量を180mlに変更しました。

特に多そうなそぶりもなく、休みなく完食しました。

ただ、飲んだ後も特にすごくご機嫌というわけでもなく。構ってあげないとすぐにグズグズ。あんまり効果ないなぁという結論になりました。

奥さんも全身を使ったあやし方に挑戦

眠くなってきたのかぐずりだすのがいつもですが、奥さんが目の前でゆっくりとスクワットをするスロースクワットをやって見せたら喜んだので、しばらく繰り返すことに。

抱っこでやらされるよりはマシだけど、結構疲れるそう。

その後、スロースクワットがきつくなると、膝の上に座らせてカカトをあげる運動をしたらまあまあウケる。

これに飽きたのか、機嫌が悪くなり効かなくなったので、今度は抱えて立ってカカト上げ下げ。

これは大人しくなる効果がありますが、疲れてくるとよろめきそうでこわいので、ほどほどに休みつつやりました。

結局、旦那が帰ってくるまで以下の運動をこなしました。

スロースクワット → 座ってカカト上げ下げ → 立ってカカト上げ下げ

立ってカカト上げはカーフレイズという筋トレですよね。

子どもは完全に鬼コーチです

ミルクを飲みながら寝る!

よくテレビなどで流れる、ミルクを飲みながら(ご飯を食べながら)寝てしまう「食欲VS睡眠欲」の映像がありますが、我が子は食欲が強く、そんなものとは無縁と思っていました。

そんなある日眠くてたまらないのか、飲みながら目をこするこする、「あ、これは、もしかしたら」との思っていると、まさかの「眠りの世界へ」。

この子が眠くてミルクを残すことがあるなんて、とてもびっくりしました。

前が見えず、全身をばたばたがマイブーム

身体にかけてあるおくるみを頭に被り、前が見えないのが楽しいみたいで、自分でやって、ジタバタとしています。

「疑似いないいないばぁ」みたいになっており、おくるみをとると、ニコッと笑ってくれます。

せんべい座布団便利

良さそうだとは思いつつ、価格がそこそこするので、今まで丸い形のせんべい座布団を買っていませんでした。

そんな時、友人からプレゼントしてもらえました。

使ってみると、すこぶる便利。

現在の我が子は、寝がえりは出来ない、でも手足をバタバタする、という状況なので、普通の座布団では落下してしまいます。

ところが、こちらの座布団は少しよろめいてもカバーできる広さがあり、それでいて布団ほど大仰ではないためリビングになじむ。

そして、カバーを外して洗えるの三方良しです。

このくらいの月齢にはぴったり、いただいた友人に感謝です。

生後23週目の赤ちゃんの行事・イベント

保育園のオリエンテーション・入園説明会について

春から通うことになる保育園のオリエンテーション、入園説明会に参加しました。

保育園の入園説明会の服装について

普段着で参加しました。特にスーツ姿の人はいませんでした。

保育園の入園説明会の持ち物について

行政からの保育園内定通知書

保育園のオリエンテーションの内容について

以下の流れで行われました。

9時30分~開始

お医者さんによる身体測定(裸になり、ここで大泣き)

ここから以下の先生達と面談を順々に行いました。

保育士さん

看護師さん

園長先生

栄養士さん

10時50分~に終了しました。

面談内容は

何時に寝て、何時に起きるか

睡眠時間

昼寝の有無

アレルギーの有無

などについて聞かれました。

また、どんな風に成長してほしいか、どんな教育方針かについても聞かれました。

そして、こちらから質問することもリストにしていたので、聞きました。

保育園で使用しているミルクの種類、銘柄

登園降園の時間指定について(この時間までには、というのがあるのか)

朝の準備にかかる時間(だいたいでも)

1日の活動スケジュール

年途中で預ける時間帯変えられるか?その場合の手続き

慣らし保育のスケジュール

対応頂いた先生はどなたも明るく聞きやすい雰囲気なので、ざっくばらんに質問できました。

ほっとしました。

午後からは説明会です。

保育園の入園説明会の内容について

午後から行われた入園説明会。

ホールで行われましたが、ぎりぎりになってしまったため、満員。

立ち見となりました。

我が家は0歳ですが、1歳以上の子、そしてそれぞれ保護者の方がいるので、ぎっしりでした。

パソコンのパワーポイントを使った園の紹介。

園の行事、教育方針についても、触れられています。

そして、次に、保護者にお願いしたいことについて説明がありました。

これは、「重要事項説明書」「園での投薬」など園の守るべきルールが中心でした。

最後に質問タイムが設けられ、私たちは、子どもの服装について質問しました。

入園時は生後半年くらいなのでロンパースですが、入園に伴い、上下セパレートの服に切り替えた方が良いかについて

聞きました。

園からは、今着ているロンパースはそのまま着て保育園に登園してもらって構いません、ただ、今後服を購入するときは、セパレートの服を買って、それを着てもらえると助かります、

というものでした。

ロンパースは嫌がられるという情報があったので不安でしたが、こちらもほっとしました。

説明会は、赤ちゃんもいるので、終始泣き声が聞こえるカオスな状態ですが、さすが保育園の先生方は全く動じていないのが印象的でした。

アットホームな雰囲気で不安が解消できるとても良い説明会でしたが、

園児にひとりひとり配られる帽子にリボン、印のようなタグを縫いつけてきてください、という保育園からのお願いがあり、裁縫が苦手な奥さんの表情は曇っていました。

生後23週目の赤ちゃんとの生活まとめ

保育園の入園説明会を終えたこの週、ふと写真整理で生まれた頃~1、2ヶ月頃の写真を見返しました。

すごく小さくて顔つきも今と全然違って、たった数ヶ月でものすごく成長したんだなぁと、なんだかじーんとしてしまいました。

たまに上手くいかず焦ったりすることもあるけれど、そんな時はこれをみて初心に帰ろうと思いました。