豚骨スープにつけめんは新しい!?〜川崎の名店、玉 赤備にてつけめんを食〜

ラーメン

川崎・チネチッタで、傑作「カメラを止めるな!」を鑑賞後の腹ごしらえです。

行ったお店は、玉  赤備です。

アクセス

川崎駅のチネチッタ側のアーケード商店街にあります。

何度かこの通りに来たことがありますが、看板がとても目立つので、気になっていました。

外観

赤い看板が目立ちます。

メニュー


副菜のチャーカツ丼、ねぎ飯も気になります。

注文

注文したのはこちら。

特製豚鶏つけめん (中盛) 1000円


並盛と中盛が同じ値段ということで、中盛を注文しました。

白いどんぶりに、赤備という刻印。
豚と鶏の混合スープということでしたが、豚の味わいが強いです。
豚骨ラーメンのスープでつけめんを食べるような感覚。
つけめんでここまで、豚骨のスープは初めてなので、新鮮です。
麺はちぢれ麺の中太麺。
ちぢれになっているところが、スープに絡みやすかったです。

具材は、チャーシュー、メンマ、海苔に加え、特製ということで、卵、ナルト、味玉が載っています。
味玉も、ばっちり半熟で、美味。

つけめん (中盛)  850円

こちらは、麺は、特製豚鶏つけめんと同じですが、スープが魚介風となっています。
このスープは、つけめんTETSU六厘舍と似ており、安心の美味しさです。

具材は、チャーシュー、メンマ、海苔。
チャーシューも柔らかく美味しいです。

スープに飽きてきたら、万能という卓上の玉ねぎにニンニクを少し入れたものをトッピング。

麺を食べ終わると、ポットにスープ割り用のお湯が入っており、こちらはセルフサービス。
魚介風のスープは、スープ割りに最適でした。

小言

こちらのお店は1階はカウンター、2階は座席となっています。
2階はテーブルが5~6席ありますが、こちらは少し嫌な思いをしました。

平日の川崎ということもあって、仕事終わりのサラリーマンが2席を占拠しており、
食事が終わったにもかかわらず、離れたテーブルを挟んで、大声で会話をする。
会話内容も中々なもので、食事中に不快な思いをしました。

できたら店員さんに注意して欲しかったのですが、店員さんも外国人ということもあって言えないのか、我々が食事を終えるまでいました。
ラーメンは美味しいかったので、今度は1階のカウンターで食べたいと思います。