【妊娠15週目】奥さんのつわりが終わった!!そして職場への妊娠報告時期について

奥さんの様子について

奥さんの忙しさがようやく落ち着きました。人間らしい時間に帰宅できるようになり、私も一安心。
そして、ふと、体調を振り返ってみると、奥さんに、つわりがないことに気付きました。

つわりについて

奥さんの場合は、「食べつわり」というもので、お腹が空いている時に気持ち悪くなってしまう、というものでした。
かなり酷い症状で、起きた瞬間にお腹が空いていて、気持ち悪いので、寝床に食べ物を用意しておいた方が良いかも、と考えるほど。
かといって、食べる量は、以前より食べられなくなったので、ご飯を終えると、すぐお腹が空いてしまいます。
そのため、職場で、こそこそとおにぎりなどを食べていました。

つわりは辛いことが多かったですが、良いことも。
妊娠前は、朝ご飯を食べずに、バタバタして、出かけることが多かったですが、妊娠後は、つわりのために、きちんと朝ご飯を食べるようになりました。
食べたものが直接、赤ちゃんに栄養としていく時期が近付いているので、ご飯はとても大事。
つわりが終わっても、続けていきたい習慣です。

職場への報告について

奥さんの職場への報告について

奥さんは、職場の上司には報告済みです。
そして、同僚の人には、ほとんど伝えていない状態。
皆さんは、いつ頃、報告するものでしょうか。
人によっては、大々的に社内への一斉メールのごとく大量の宛先めがけて、「産休に入ります!!」と送っている人もいますが、このやり方はどうかと。
奥さんは、静かに産休に入り、静かに復帰したいので、なんとなくの噂が広がっていけばいいなと思っているタイプ。
ただ、係の人には、仕事の引継ぎなどがあるので、早めに伝えなければというのは分かりつつも…悩み中です。
安定期に入ってからが第一候補です。

夫の職場への報告について

そして、夫の方です。

最近、話題になる夫の育休を取る人を増やそうという社会の後押し。
育休を取る人が増えていると聞きますが、わが社でもチラホラ。

しかし、悲しいかな、育休取得者を応援するという社風にはなっておらず、男性で育休を取るというと「え~」という反応。
当然、私も育休は取れません…
ただ、育休は取れないまでも、休暇を積極的に取得し、出産・育児に参加しなければならない、という気持ちはあります。

そのため、私(夫)の方も、早めに職場の上司に伝えないと。

「妻が妊娠したので、出産のタイミングは、お休みをいただきます。
また、手続きで、区役所に平日に行かなければならいので、お休みをしばしばいただくことになります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくおねがいします」

このような感じでしょうか。
こちらも、タイミングは、安定期に入ってからが第一候補です。

かかった費用について

14週の費用:0円(定期検診なし)

累計:27,310円