キヤノンから配当金をいただきました~利率は嬉しい4%越え~

お金のはなし

保有株のキヤノンから3月末に配当金がありましたので、こちらの株式について、紹介します。

保有株紹介

会社について

キヤノンは、カメラ、コピー機で有名な会社です。

スポーツ好きな自分としては、スタジアムで見るカメラマンのほとんどが、「キヤノン」か「ニコン」。プロに信頼されている品質ということを知りました。

実家にある一眼レフもキヤノン。、そして、先日、購入したカメラも、キヤノンのものです。


Canon デジタルカメラ PowerShot G9 X(ブラック) 光学3.0倍ズーム 1.0型センサー PSG9X(BK)

軽くて、スマホでは中々取れない「ぼかし」の写真が簡単に取れます。そして、何より軽い。大満足の一品です。

また、トップの御手洗社長は、度々メディアに取り上げられ、「セル生産方式」「キャッシュフロー経営」などでもよく知られています。

購入したきっかけ

上記のように、もともと愛着のある会社で、株主を大事にするという企業ということを知っていたので、購入しました。
最初は100株でしたが、100株をすぐに追加取得し、合計200株、購入しました。

購入状況

買った時期が比較的安い時期だったので、利益が出ています。

配当について

13,547円の配当金でした。
年間2回配当なので、仮にこの金額が続くと、税引き後で、配当利率は約4.1%になります。

この配当利率の高さはありがたいです。

今後の方針について

先日、キヤノンの株主総会に行ってきましたが、非常になごやかで楽しい雰囲気でした。

その模様はこちら。
[blogcard url=”https://kaburera2011.net/post-2060”]

素晴らしい業績でしたが、素人考えで、いくつか心配なことも。

・コピー機事業 
ペーパーレスが進む中、先細りなのでは

・デジタルカメラ
スマホのカメラがどんどん高性能化していく中、先細りなのでは

上記の心配もありますが、株主総会では、従来の企業経営の柱も持ちつつ、東芝メディカルシステムズを買収するなど、新たな成長の種を見つける、また既存事業はロボット生産などで効率化を図り、コストを下げていくといった方針がはっきりと打ち出されていました。

また、株主を大事にする御手洗会長の姿勢が伝わってきました。

そのため、今後も保有し続け、長くお付き合いしたいと思います。