【妊娠21週目】保育園の周りを歩いてみる。これも保活の一つ?

保育園

今週のイベントについて

保育園の見学について

先日、区役所を訪れた際に、区立の保育園は6月以降に見学可能との情報を得ましたので、その準備を進めています。

こちらのサイトが保育園見学を行うにあたって、何を重視するか、チェック項目は何か、点数付けまで自動的に計算してくれるシートを公開してくれています。

[blogcard url=”https://ママの味方.com/hoikuen-select-point/″]

本当に助かります!!

この評価シートを見ながら、何を重要視するか、それぞれがまず点数をつけて、見せあいます。

お互いに重視するところが同じところもあれば、違うところもあったりと面白いですね。

預けやすさを重視する考え、園庭が広い方がという考え、食事が手作りかどうかを重視する考え、などなど。

絶対的な答えがないので、夫婦ですり合わせを行っていきます。

また、6月の保育園見学を前にして、家の近所の保育園を幾つか歩いて回ってみました

今は、便利な世の中で、グーグルマップ上に保育園の位置を示したものがあり、距離などを確認することができます。

[blogcard url=”https://23kids.tokyo″]

ただ、やはり、歩いてみた方が現地の様子、空気が感じられるので、徒歩で向かいました。

夕方で、園は閉まっており、園児達もいなかったため、園の雰囲気は分かりませんでした。

しかし、実際に行ってみると

・意外に車が多いのでこの道は危険だな、
・この通りは街灯が少なく薄暗い
・平地だと思っていたらなだらかな坂で赤ちゃんをおぶっていくと辛いかも

など、行ってみてわかることが多かったです。

こうした情報を基にしつつ、評価シートを完成させ、6月になったら、いくつかの保育園を回ってみたいと思います。

両親学級について

区役所で開催される両親学級は、平日と土曜日に開催されます。

土曜日の方が人気が高く、抽選となっています。

今回、申し込んでいた土曜日の両親学級が二つとも落選となっていました。

優先的に当選するのが、出産日が近いことなので、まだ出産が先である我が家は、

すでに子供が生まれた友人に、意外に両親学級の沐浴が役立ったよ~と聞いていたので、楽しみにしていたのですが、残念です。

これに懲りずに申しこみますが、我が家からアクセスの良いところは、だいたい一月に2回程度のよう。

土曜日に落ち続けたら、平日を検討する必要があるかもしれません。

奥さんと赤ちゃんについて

赤ちゃんの胎動を感じることがますます多くなりました。
専門家の先生によると、この時期の赤ちゃんは、20分間寝て、20分間起きる、というサイクルだそう。
そのため奥さんが、「あ、蹴った」となると、20分間は蹴り続けてくれるはずなので、慌てて、お腹に手を合わせ、ポコポコという振動を感じます。
こうした胎動を感じるのが日課になっています。

妊娠・出産でかかったお金

今週の費用:0円(検診等なし)

累計費用:46,838円