しろたんの家~今は無き編【目黒、自由が丘、たまプラーザ】

しろたん

私たち「しろたん好き」が家の外で、しろたんを見ることができる場所は、大きく分けて、2種類あります。

[blogcard url=”https://kaburera2011.net/post-1574″]

一つは、しろたんを販売しているショップ。しろたんタウンがその筆頭ですが、他にも、様々なぬいぐるみがある中で、しろたんも取り扱っているというお店もあります。マザーガーデンなど細かいお店の違いはありますが、これらを「しろたんショップ」と呼びます。

もう一つは、しろたんが置かれている旅行代理店の店舗。

このしろたんは売り物ではなく、旅気分、お店に親しみやすい雰囲気を作り出すことを目的に置かれる、言わば、雰囲気醸成型のしろたんです。航空会社JALとコラボしている関係もあって、JALしろたん、整備士しろたんといった面々が人気です。

こうしたお店を、我々は勝手に「しろたんの家」と呼んで、「住んで」いる「しろたん」にそれぞれ名前を付けています。

私たちは前者、後者問わず、こうした街中にいるしろたんを見るのがとても楽しく、発見するとテンションが上がり、その近辺に行くと、ついつい様子を確認してしまいます。

いつか、しろたんを扱っているお店「しろたんショップ」、置いていてあるお店「しろたんの家」を全制覇することを夢に持ち、活動を続けています。

今回は、その昔しろたんの家だった場所を紹介します。

東急トラベルサロン目黒駅


改札から出てすぐのところにある、東急トラベルサロン目黒駅にも、以前いました。


こちらのしろたんは、ジンベイザメの格好をしたしろたんでした。

狭いスペースながら、しっかりと自分のポジションを見つけたしろたん、通称「目黒たん」として可愛がられていたのに、残念です。
1年半前くらいでしょうか。いなくなってしまったのは。復活希望しております。

東急トラベルサロン 自由が丘駅

※ 在りし日の写真捜索中

自由が丘駅中にある、旅行代理店、東急トラベルサロンにも以前いました。
素敵な街、自由が丘ということで、ひときわ美形のしろたんが置かれていたことを覚えています。
通称、「自由が丘たん」です。
3年位前にいなくなってしまいました。

こちらは現在、ヒンメル 自由が丘 (HIMMEL) というパン屋さんが、併設され、スペースも減少しているため、
中々難しいかもしれません。

東急トラベルサロン たまプラーザ駅

駅の改札を出ると、すぐ見えてくる東急百貨店。その地下1階に、東急トラベルサロンがありますが、こちらにもしろたんがいました。店内の上の方のスペースに吊られているような、飾られているような置かれ方をしていました。こちらは、いなくなってから、すでに4年以上、経っています。

しろたんが置かれる経緯とは

過去に置かれていたのは、全て東急トラベルサロン。そして、一斉撤去ではなく、
徐々に減っていってることが分かります。

そもそも、しろたんがどういう経緯で置かれるのか分かっていないのですが、
例えば、JALと提携して、関連グッズが発売されているので、
JAL(JALはしろたんとパートナーシップを持っていると推察されます)
→旅行代理店のルートを経由して、店舗に
「こんな子達がいますよ~良かったらどうですか」という提案があり、しろたん達がとことことお店に送られる
→店長が、奥にいるしろたんを見つけて、「これ可愛いね!置いてみようか、スペースあるかな」という流れなのでしょうか。

そう考えると、店長が代わり方針も変わってしまうと、置かれなくなってしまうことも理解できます。

少しでも長くしろたんにいてもらうには、無くなった直後に素早く気づき、旅行代理店で旅行の申し込みをしながら
「あれ、ここにいたぬいぐるみ、どこかに行ってしまったのでしょうか、癒されていたのに。そういうお客さん、多いと思いますよ」
なんて、話すことが有効でしょうか。(こんな台詞を言えるかどうかは置いておいて)

「直後」というのが大事ですね。
しばらく時間が経ってしまうと、また店長さん、店員さんが入れ替わり、
そもそも置かれていたことを知っている人がいなくなってしまいますから。

まとめ

己の無力を痛感しながら、現役で活躍中の武蔵小杉のしろたん、「小杉たん」を大事にしようと思いました。

[blogcard url=”https://kaburera2011.net/post-2683″]