【株主優待】吉野家の優待を使って讃岐うどんの有名チェーン店、はなまるうどんで、塩豚おろしぶっかけと牛肉うどんを食す。

株主優待

株主勇退を使って、はなまるうどんで食事をしてきたましたので、その模様をレポートします。

アクセス

目黒駅の東口を出て、徒歩30秒ほどのアクセスの良さです。

お店の様子

外観

オレンジの看板が眩しいです。地下1階にあります。

メニュー

真夏の時期ですから、冷やし系のメニューを前面に出しています。
ぶっかけうどんが多く、食欲をそそられます。
奥さんは、サラダうどんも気になっていたようです。

注文方法

丸亀製麵などと同様で、セルフになっています。
自分でお盆を取って、うどんを注文。
うどんを受けったら、天ぷらいなりなどを自由に取り、最後に会計です。

注文内容

・牛肉うどん(中) 550円
・塩豚おろしぶっかけ(小)   450円
・いなり 100円
・コロッケ 120円

合計 1,220円。

優待券を4枚使って、1,200円分の支払いをしたので、現金20円を支払いました。

うどん

自由に入れられる揚げ玉を追加した牛肉うどん。

出汁は濃すぎない、優しい味。煮干しで取られているので、風味が変わっています。
この出汁を飲んだ時に懐かしいという感覚が。実家の母親はうどんや味噌汁を作る時、必ず煮干しで出汁を取っていたので、それを思い出し、大変美味しかったです。出汁は、毎朝、新しいものを店内で取っているとの表示がありました。

また、麺は一回茹でてあるものを、注文を受けてから、さっと湯にくぐらせていますが、今茹でたかのようなコシとのどごしでした。

塩豚おろしぶっかけは、冷たい麺と塩豚のパンチ、少し甘みを含んだ「おろし」が見事な調和で、美味しい。
コロッケを乗せると、豪華になります。
そして、いなり好きな奥さんも、満足する優しい味。

優待を使って、
ごちそうさまでした。

客入りについて

店内は、外国人観光客に加え、親子連れ、一人の若い女性など客層も様々。
日曜日の14時過ぎでも、注文レーンに行列が絶えませんでした。
女性のサラダうどんの注文率が高かったことが気になりました。

今後、吉野家の株を追加購入すべきか

[blogcard url=”https://kaburera2011.net/post-2368″]

私は1400円程度で吉野家の購入しているので、現在の配当利回りと株主優待を合わせて、5%を超えています。
吉野家は、牛丼にうどんにお寿司にと非常に使い勝手の良い優待ですので、追加購入を検討していましたが、株価も2000円を超え、配当利回りが小さくなっていたので、手が出ませんでした。

そんな中、7月9日に株価は300円近くの急落がありました。
原因は、 第一四半期の決算が赤字に転落したことだそうです。

はなまるうどんと吉野家が提携し、お互いのサービスがお得になる定期券を発売したりと手は打っているのですが、原材料高や人件費高の影響を受けたのか、残念です。
赤字は5年ぶりとのことで、まだ下がるかもしれません。

が、私は優待が維持されるのであれば、短期的下落は気にすることなく、保有し続ける予定です。
そして、ここ数日の推移を見守りながら、追加購入を検討したいと思います。