【2018 天皇杯 3回戦 】川崎フロンターレ vs 水戸ホーリーホック

試合採点

試合結果

川崎フロンターレ 2 ー 2 水戸ホーリーホック
(PK戦 4 ー 2 )

選手採点

※ 5.5点が平均点。

チョン ソンリョン 6.5 MVP
PK戦まで「持ち込めた」のは、この人のおかげ。決定機を何度も防ぎ、PK戦では、ぎりぎりまで動かず、相手のキックミスを誘う。

エウシーニョ 4.5
超決定機を2度も外してしまう。彼の日ではないと言えばそれまでだが、最初の決定機を入れていればもっと落ち着いてゲームを進められたはず。

舞行龍 ジェームズ 4.5
久しぶりのスタメンだったが、ソンリョンへのバックパスや外されるプレーなど、アピールとはいかず。本人は必死にプレーしているのが分かるので、頑張ってほしいが…

谷口 彰悟  5.5
ラッキーな形で先制点。シーズンを通じて、センターバックの相方が目まぐるしく代わる辛い状況でのプレー。 舞行龍 の不安定さが乗り移ったかのようなクリアミスが一本あったが、終始身体を張って、ブロック。終盤はボランチとして、なんとかゲームを下支えした。

車屋 紳太郎 5.0
左SBとして出場し、終盤はセンターバックに。縦に抜け出されるプーレもあり、及第点の出来とは言えない。もっと仕掛けて、もっとダイナミックなプレーが見たい。

守田 英正  4.5
終盤で守備を引き締め、攻撃につなげようとし、時折良いカットをみせたが、同じようなパスミスが多すぎた。受け手との問題もあるが、決め打ちのパスも目立ち、もっと状況に応じたプレーが欲しい。

森谷 賢太郎 4.5
守備面で全く機能せず、繋ぎでもバックパスが多く、前を向くことができなかった。ネットがいなくなった今、ボランチに求められる役割は、ミドルシュートはオプション。基本の「守って、前に繋ぐ」をもっとできるようになってほしい。

中村 憲剛 4.5
決定機のパスも出していたが、今シーズンから見られるトラップミスが、あまりにも目立ってしまった。後半ロスタイムは、シュートを打つ必要は全くなく、時間を使うべきだった。キーパーにキャッチされてから、相手の劇的な同点弾となってしまった。PKは落ち着いて決めた。

家長 昭博 5.0
運動量多く、フィジカルを生かしたキープ。特徴が出ていたが、もっと決定的な仕事が求められる。右のエウシーニョとのコンビも、有効に動けず、役割をはっきさせたい。

齋藤 学 6.0
ターンから決定機を作り出す。相変わらず、カットインが相手に引っかかてしまうことも多かったが、徐々にコンビネーションが高まっているのは感じる。結果が欲しい。

小林 悠 5.0
特別指定枠として在籍した「恩返し弾」はならず。動き出しを繰り返したが、中盤と息が合わなかった。それでも、エースならば、数少ない決定機は、厳しいコースに飛ばしてほしい。

長谷川 竜也 6.0
流れを変えることを求められ、役割を果たそう当する。突破は相手にひっかかってしまったが、劣勢の中、ボールを運び仕掛けるプレーはチームを助ける。

知念 慶 5.5
身体の強さを見せ、ボールの収め、自らターンしての突破と持ち味は見せたが、どうにもシュートが隅に決まらない。練習では隅に決まっていることが結構あるのだが、続けるしかない。

下田 北斗 5.5
狭い中でのボール回しに参加し、チャンスを作り出そうとする。自身のシュートチャンスは、ものにできなかった。ネット移籍後の今、出番が増えると思われるので、基本の守る、繋ぐからしっかりやってほしい。

登里 享平 5.0
クロスの質が悪く、チャンスを作ることができなかった。

鬼木監督 4.5
ネットが移籍した今、ボランチのやりくりをどうするかが最大の問題に。大島が怪我をした場合、今日の森谷、守田がファーストチョイスとなると思われるが、今日の試合を見る限り、前途多難か。やり繰り、ベンチの底上げの手腕が求められる。(田坂のボランチを見たい)