【株主優待】イオンオーナーズカードを使って、イオンシネマにて1000円で映画を見る〜イオンの株主優待を紹介します〜

株主優待

株主優待シリーズです。

イオンの株主優待について

イオンの株式を保有していると、イオンオーナーズカードが送られてきます。
このカードは、他の企業でいう株主優待のようなもので、持っていると、イオングループで特典を得ることができます。

特典は複数ありますが、今回は、我が家で使っている2つの特典を紹介します。

まいばすけっと

イオンシネマ

まいばすけっとでお買い物

近くに大型のイオンモールはありませんが、まいばすけっとがあります。

まいばすけっとは、普通のスーパーよりも小さく品揃えが豊富でありませんが、小さい分、店内を歩き回る必要がなく、テキパキと買い物を済ませることができます。
時短という意味で、忙しい共働き夫婦にとってはとても助かります。

また、価格も最安値というわけではありませんが、割引も定期的に行なっており、お買い得な商品が多くあります。

我が家の愛用スーパーです。

イオンオーナーズカードで3パーセント引き

そんなまいばすけっとでお買い物をする際に、イオンオーナーズカードを出すと、3%、キャッシュバックされます。

これは大きく、消費税は現在8%ですが、実質消費税5%で日用品を買うことができることになります。
(これは、最低単元株の100株の場合。500株以上は4%、1000株以上は5%の割引を受けることができます)

※ イオンオーナーズカードが適用されるためには、現金もしくは電子マネーのワオンの支払いに限られることに注意が必要です。

ワオンポイントカードで0.5パーセント引き

これは株主優待ではありませんが、誰でも作ることのできるワオンポイントカードというポイントカードがあります。
こちらは、200円につき、1ポイントがつくので、還元率は100円につき、0.5%となります。

また、商品によっては、ワオンポイントが20円、30円とつくものがあり、そうした商品は限定的ではありますが、買いたいものが街頭の商品だった場合は更に還元率が跳ね上がります。

イオンシネマで使用

もう一つのイオンの株主優待の使い道は、イオンシネマです。

普段は東急レクリエーションの109シネマズばかり使用しているので、今回、イオンシネマで初めて株主優待を使用しました。

オーナーズカードで鑑賞料金は1000円!

イオンオーナーズカードを使用すると、通常の2Dの映画が1000円となります。(3D映画は別途追加料金)

通常の料金が1800円ということを考えると、これはかなり嬉しい割引です。

更に、ポップコーン引換券、もしくはドリンク引換券をもらえます。
(ポップコーンはSサイズ、ドリンク引換券派 ソフトドリンクSサイズ 又はホットドリンクSサイズとなります)

ネット予約ができないという欠点あり

かなり太っ腹のイオンですが、残念なことも。

今では、映画を観るとき、当たり前の事前でインターネットで予約して席を確保しますが、このオーナーズカードの割引を利用するためには、ネットの予約が使えないのです。これはかなり不便で、人気作などは、観れないか、観れたとしても、席がものすごく前になってしまいます。
ネットで予約状況をチェックしつつ、空きがありそうだったら、当日、早めに行ってチケットを確保するなどの準備が必要となります。

実際、今回観た映画は話題作「カメラを止めるな!」だったので、端しか空いておらず、観づらかったです。

[blogcard url=”https://kaburera2011.net/post-3681″]

イオンシネマのまとめ

そのため、このサービスが有効なのは観客席が埋まらない作品と言えるかもしれません。
1000円という価格は魅力的ですが、このサービスがより有効に使えるためにも、早くネットでの予約(Eリザーブ)に対応することを願っています。