【吉野家】吉野家を1858円で100株を追加購入しました

日本株

吉野家の株式を購入したので、購入理由、吉野家の傘下企業について紹介します。

購入データ

購入価格:1858円

数:100株

総購入費用:185800円

現在は夫名義で100株保有しているので、奥さん名義で購入し、合計200株となりました。

吉野家の株式を購入した理由

株価が軟調だから

2か月前に株価2200円越えをしましたが、決算発表が悪く、株価は急落。

一時期は1800円を切りました。現在も1800円台をうろうろとしているので、妙味があると思いました。

優待に魅力を感じたから

吉野家は傘下にいくつかのグループ企業を抱えていますが、主なグループは4つです。

吉野家。こちらは説明の必要がありません。吉野家の牛丼部門です。

はなまるはなまるうどんが有名ですね。吉野家のうどん部門です。

ARCMEAL。こちらはあまり聞き馴染みがありませんが、VOLKSステーキのどんといったお店です。吉野家のステーキ部門ですね。

京樽。デパ地下や駅中でお馴染みの京樽の他に、海鮮三崎港すし三崎丸といった寿司屋もあります。吉野家の寿司部門です。

株主優待は気に入っており、過去の利用時には、こんな記事を書いています。

[blogcard url=”https://kaburera2011.net/post-3374″]

[blogcard url=”https://kaburera2011.net/post-3894″]

しかし、今回調べてみて、まだ株主優待券を使っていないお店がたくさんあることに気付きました。

100株保有していると、半期に3000円年間では6000円の商品券が送られてきますが、他のお店で優待を使おうとすると、年間6000円では足りないため、買い増しを決めました。

優待権利確定月だから

吉野家の優待が送られてくるのは5月11月です。
株式は2月8月が配当権利確定月、
ちょうど今月が権利確定月なので、このタイミングで購入しました。

懸念点

懸念点としては、秋に子供が生まれるので、外食は簡単にはできなくなることですが、
ファミリーレストランタイプのVOLKSもありますし、吉野家、京樽はテイクアウトもできるので、中食としても利用していきたいと思います。

まとめ

夫婦それぞれ100株保有となりましたので、年間12000円の株主優待券が使えることになります。
株価は上下するものですが、優待が維持される限り、保有を継続していくつもりです。
優待が送られてくる11月を楽しみに待ちたいと思います。