安定感抜群の二郎、上野毛店で子豚ラーメンを食べてきた

ラーメン

ラーメン二郎 上野毛店に行ってきました。

アクセス

最寄り駅は東急大井町線の上野毛駅です。

徒歩1分もかからない駅チカ二郎です。

訪れやすくて助かります。

訪問情報

訪問日

平日 夜

混雑状況

並びは10人程度でした。

ただ、後ろを振り向くと、最寄りの上野毛駅から一緒だった人が5人ほどいました。駅を出たら、早歩きで行くと、少しでも先に並べるかもしれません。

流れ

19:24 並び開始

19:40 食券購入

子豚ラーメンを注文。800円です。

19:43 着席

店主の方に食券カードを渡し、カタメを注文。店内は、対応がとても優しい店主の方、助手2人の3人体制でした。

19:44 コール

最新のロットの最後に滑り込めたようで、すぐに、「ニンニク入れますか?」と聞かれます。「ヤサイカラメニンニク」と呪文を唱えます。

19:45 着丼

お待ちかねの子豚です。

ヤサイはもやしが中心ですが、キャベツも参加してくれています。

センターのヤサイ、手前のニンニク、そして左サイドには豚がたくさんいらっしゃいます。

豚は肩ロースの固まりが7つほど入っていました。

早速食べ始めますが、スープは脂が溶けておらず、乳化されていません。そのままでも美味しいですが、ニンニクが加わることで、甘み、辛味に加えて、パンチが加わります。

麺は二郎の平均的な太さ。

麺のかたさについては、通常の茹で時間だと少し柔らかめであるため、カタメで注文する人が多いです。私も、いつもは、カタメとカタカタ(バリカタ)で注文します。

中太の麺は箸で掴むと、麺自体が小躍りしながら、スープを一緒に運んでくれるので、よく絡みます。

も、固すぎず、柔らかすぎずで、味が染みこんでいる嬉しいやつです。

19:54 完食

ヤサイ、豚、麺、スープというローテーションを繰り返しているうちに、あっという間に完食。

本日の感想

19時24分に並び開始、19:43に着席できたので、待ち時間は19分でした。そして、2分でラーメンが出てくるという僥倖にもあずかれたため、食べる前から気持ちが高まりました。そして、出てきたラーメンは、相変わらずのハズレのない、期待に違わぬ高品質の一品。大満足でした。

本日も美味しいラーメンをご馳走さまでした。