二郎ナンバーワンと評される極太麺のラーメン二郎 府中店へ行ってきた。

ラーメン

先日のお宮参りの写真が出来上がったと府中のスマイルファミリー写真館から連絡があり、府中へ行ってきました。

赤ちゃんが悪戦苦闘しながらも、なんとか良い写真が撮れており、ひと安心。

奥さんにこれから帰る旨の連絡をしたところ、せっかくなので、ラーメンでも食べてきたらという優しいお言葉が。

本人は育児で大変なのに、ありがたいことです。

奥さんに甘えて、ラーメン屋を探すことに。

調べると、ここにもラーメン二郎があることを知りました。しかも、平日夜しか営業していないため、ぴったり。

そんなわけで、今日はラーメン二郎 府中店の紹介です。

ラーメン二郎 府中店の営業時間

営業日時:月曜日〜金曜日 17:00〜23:00

定休日:土日祝日

ラーメン二郎府中店のアクセス

最寄駅は、京王線の調布駅又はJR府中本町駅です。

この日は府中本町から向かいました。

府中本町駅から、9号線(府中街道)に出ると、京王線の府中駅方面へ進みます。

歩くこと4分。コナミが見えてくると、右折です。

細い道を左折、右折して、国際通り商店街の一角にありました。

ラーメン二郎府中店 当日の流れ

19:03 お店到着

ミニアーケードの中にありました。

いくつか黄色い看板が目立ちます。

1人しか並んでいない!ラッキーと思いきや、店内にも待っている人がいました。

平日、金曜日で、6人待ちでした。

19:07 食券購入

小ラーメンが700円です。

食券の時間がズレていますが、無事に小ブタ 850円を購入しました。

最初は外で待っていましたが、3分も経たずに、中に案内されます。

外は寒いので、中で待つことができるのは嬉しい限り。

中は、自動販売機を挟んで、3人、2人と並んでいました。

中を見渡すと、

女性のお客さんが3人いたことに驚きました。麺少なめ、ニンニク少なめなどを注文していましたが、がっつり完食されていました。

19:15 麺の量を確認。

まだ着席はしていませんが、麺の量を聞かれます。

他のお店、上野毛店などでは、カタカタを注文しますが、この日は何も言わず。

府中店の麺の太さは二郎一と聞いていましたので、茹で上がるのにどのくらいの時間がかかるのか興味津々です。

店内はL字型で、2人でのオペレーション。丁寧でありながらも、しっかり並ぶ場所など誘導をしてくれます。

19:20 着席

席の後ろにハンガーがあることが嬉しいです。

コートをかけられます。

19:25 着丼

麺の量を聞かれてから、10分、着丼です。

トッピングはヤサイを選択。すごい量です。

もやし中心のヤサイを食べますが、なかなか麺までたどり着けません。

ただ、小ブタが、ヤサイ山の隙間から顔を出してくれるので、小ブタとヤサイのコンビネーションで乗り切ります。

小ブタは小さく四角く切ってあるのが中心。中までしっかり味が染みており、美味しい。味のないもやしとのコンビネーションは抜群。

あっという間に、ヤサイの山を平らげます。

麺の登場です。

噂に違わぬ太さ。うどんのようでもありますが、私は山梨で食べたほうとうを思い出しました。

麺の太さに負けないよう、こちらも勢いよくいただきます。

固めでオーダーしなかったので、柔らかすぎないか、少し心配していましたが、全くの杞憂でした。もちもちの極太麺は噛みごたえ、食べごたえが良く、太麺好きとしては丼に食らいつく勢いで、麺を食べ進めます。麺うましです。

もやしの山と極太麺で忘れていましたが、スープもいただきます。乳化はあまりしていなく、あっさり気味で美味しいです。

10分弱で完食しました。

ラーメン二郎府中店のまとめ

初めて訪れた二郎府中店でしたが、素晴らしいパフォーマンスで満足度の高いお店でした。

もやしの山と極太麺、それらを支えるスープにチャーシュー。個性豊かな一杯でした。

店主の方の接客も丁寧。

土日祝日がお休みなので、簡単には行けませんが、ぜひ再訪したいです。