美味しさに感動!武蔵小山のもち豚とんかつ たいようは、我が家のとんかつランキング、ナンバーワン!

ご飯

武蔵小山のおしゃれなカフェに寄ったあと、小腹が空きました。

武蔵小山の最高にオシャレなカフェ、パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥに行ってきた
子供が生まれたからなかなか行けないので今のうちに行っておこうシリーズの一環で、病院での定期検診の帰りにカフェに行くことに。訪れたお店は以前から気になっていたパティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥです。訪問情報アクセス有名...

カフェに行く途中で、とんかつ屋を発見していた我々。

気になって調べてみると、高すぎる評価。

カフェの後なので順番が逆ですが、行ってきました。

アクセス

武蔵小杉駅からは、パルム通りをつたって、曲がります。

カフェからは2分、駅からは5分ほど。

訪問日時

平日 13時30分

混雑状況

1人並んでいましたが、並んで1分で呼ばれ、中に入ることができました。食べてる間も、ガラガラっと中に入ってくる人がいて、「すみません、外で待っててください」などの案内も。

お店について

外観

内観

店内はカウンターのみの6席程度。落ち着いた店内です。

少々お時間はかかりますが、一生懸命作っていますりご了承くださいませ」との看板。

店主の方の誠実さが伝わりますね。

そして、ツィゴイネルワイゼン、愛の挨拶が流れる店内。とんかつ屋✖︎ツィゴイネルワイゼン!?と思いましたが、こちらも店主の方のイメージに合っているような気がします。

メニュー

注文

ロースランチ を2つ注文しました。

着膳

注文から20分後、着膳です。

ご飯、豚汁、キャベツ、漬け物がついてきます。

キャベツは一回お代わりできます。

よく見ます。

さらにズーム。

中が少し赤いのに気づきます。

早速いただきます。

お、お、美味しい!!

柔らかい!肉と脂身の境目がない!

ただ、脂っぽいから柔らかいという訳では、決してない!

ムニュムニュしている柔らかさではなく、気持ちの良い柔らかさ。

不思議な柔かさと後から来る肉の美味しさを感じられます。

豚肉がよほどいいのか、店主の揚げ方がいいのか、おそらく両方。

ソースをつけて食べてみましたが、肉の味を全面に感じられる塩がおすすめです。

塩は普通の塩に見えたので、塩が普通でこれくらいのクオリティー。末恐ろしいです。

ご飯も硬めですが、このくらいの硬さがぴったり合います。

お会計

1200円 ✖︎ 2 = 2400円

このクオリティでこのお値段。

コスパが恐ろしく高いです。

まとめ

今年に入って、蒲田のとんかつの名店、いっぺこっぺ、などを訪れましたが、今まで外で食べたとんかつで、一番美味しかったです。

カウンターのみ、食洗機もなく、お店の人も2人で運営されていますが、とにかく仕事ぶりが丁寧。この丁寧さがこの驚愕の味につながっているのだと思います。

このお店のために武蔵小山まで足を運ぶ価値は…間違いなくあります。