初めてウーバーイーツを利用して、ケンタッキーフライドチキンを注文してみた

レビュー

ウーバーイーツとわたし

CMで見るだけでなく、実際に、道路でもよく走っている自転車やバイクを見かけます。

目指すべきセミリタイア後は、あんなバイトもいいかななんて思いつつも、実際に使うことがありませんでした。

ウーバーイーツと出会う

そんなある日、チラシの中に入っていたウーバーイーツの広告を見かけます。

なんと1000円引きの太っ腹キャンペーンコードが付いていました。

この日は、子供が熱を出したため、家で看病の一日となったため、ちょうどいい機会と思い、使ってみました。

ウーバーイーツについて

アメリカのタクシー配車アプリを提供しているウーバー が配達業に乗り出したのがウーバーイーツ。ウーバーイーツに登録しているスタッフが指令を受けて、自転車、バイクで配達を請け負い、届ける仕組み。

普通の配達との違いは、配達とお店の人が分離していることです。

そのため、普段は配達を行なっていないお店の料理の配達が受けられることが最大のメリットです。

CMでは、突然の思いつきで、始めた花見会場に、ウーバーイーツで配達してもらうという描写がをありますが、配達場所を選ばないとことも特徴があります。

ウーバーイーツを初めて使ってみた

iphoneのアプリでウーバーイーツをダウンロード後、住所、クレジットカードなどを登録し、キャンペーンコードを打ち込みます。

しっかりプロモーションのキャンペーンコードが利用できることを確認。よしよし。

近所に絞らず、探してみたところ、一度行ってみたかった、おそらく個人経営のお店を発見しました。

早速、手続きし、注文完了!となって、ホクホク顔となっていたところ、エラーが。キャンセルされましたとの表示。

なんたること。ただいまの時間は受け付けておりません…

だったら、出さないでくださいよ、という思いです。

個人経営のお店にうらぎられたので、お馴染みのチェーン店を選ぶことに。探して見つけたのが、我らがケンタッキーフライドチキン。

マクドナルドにしようかと思ったのですが、マクドナルドの配達は有名なので、ケンタッキーに。

パリパリ旨塩チキンパックAをチョイス。

ウーバーイーツは精算をを先に済ませますので、お会計画面に。

配送手数料を加えても、470円というお安さ。キャンペーンの威力を知り、にんまり。

スムーズに注文完了です。

すると、配達予定時間が表示されます。

最大で50分かかると出たので、結構かかるんだなぁ、

子供が寝ているのを見守りながら、待っていると

半分の時間で到着しました。

ハヤイ!

ウーバーイーツの配達の人も丁寧でした。

ウーバーイーツで注文したケンタッキーフライドチキンを食べる

カーネルサンダースおじさんと久しぶりの対面です。

確認してみたところ、ウーバーイーツを初めて使っでケンタッキーフライドチキンを注文した。ウーバーイーツの

安定のオリジナルチキンの旨さは、もちろんのこと、旨塩チキンも塩唐揚げ風でありながらきちんと骨つきジューシーさも出していて、美味でした。

ウーバーイーツを初めて使ってみた感想

思った以上に早かった

今回の私たちのケースでは、近くにいるウーバーイーツのドライバーを呼び出し、配達するというシステムが上手くワークしている印象。それは、近くにいるということはある程度その場所の地理に明るい人がいて、配達も最短距離で運ばれてきたからです。

地図上で、ドライバーの現在位置が分かるのですが、裏道を上手く通りつつ、なるほど、そー来るのねと驚いていたら、あっという間に到着しました。

そして、このシステムはピザの配達でも導入されていますが、今どこらへんまで来ているかを見るのが楽しい。近くに寄ると、来るかな来るかなと窓を覗き込んでしまいました。

思った以上に感じが良かった

勝手なイメージで、もっとガサツなお兄ちゃんが無粋に届けに(?)来るかと思いましたが、思った以上に、丁寧で好印象でした。

配達が完了すると、お店の評価に加えて、ドライバーの評価を求められます。

こうした評価システムが、ドライバーの質を高めていることにつながる可能性があると思いました。

今後、子供の看病などで家にいる必要があるときは、積極的に使っていきたいと思います。