兄夫婦への出産祈願でシン・ゴジラの御守りを購入

イベント

兄夫婦への出産祈願でシン・ゴジラの御守りを購入した記事です。

 

シン・ゴジラと私たち

映画「シン・ゴジラ」が公開されたのは2016年。

奥さんと自分の兄も非常に仲が良く、シン・ゴジラ公開時も、一緒に映画を観に行きました。

実際にゴジラが現れたら日本政府はどのように動くかというリアリティと現実世界と見紛うほどの映像に圧倒されました。

我々にとってそのインパクトは凄まじく、

・その後、5回映画を観に行く

・ロケ地巡り(ゴジラ登場の吞川、品川神社を観に行く)

といった普段ではなかなかやらないことをしました。

特に、鑑賞直後、劇中で破壊された丸子橋が壊れていないか、二子玉川から丸子橋まで川沿いを皆で5キロほど歩いて、確認しに行ったのは良い思い出です。

その丸子橋での対ゴジラ戦、タバ作戦の基地となったのが、浅間神社です。

シン・ゴジラと多摩川浅間神社がコラボした御守り&絵馬セット発売のお知らせ

そして、公開から3年経った2019年年末、こんなお知らせがありました。

https://twitter.com/GodzillaS_Tokyo/status/1210046325418418181?s=20

多摩川浅間神社から、とシン・ゴジラがコラボした御守り&絵馬セットが発売されるというもの。

これは行くしかないと思いながらも、年末は帰省などで忙しくてして買いに行けず、悔しい思いをしていました。

年が明け一か月。これはすぐに売り切れただろうなと思いながら、twitterを開くと、こんなお知らせが。

https://twitter.com/GodzillaS_Tokyo/status/1223782325856522240?s=20

再入荷のお知らせ。

ただ、これはよく読むと、ゴジラストアへの入荷のお知らせであり、多摩川浅間神社へのものではありません。

しかし、ゴジラストアに入荷したのだから、多摩川浅間神社にもあるはず!ということで、思い切って行ってきました。

いざ、多摩川浅間神社へ

多摩川浅間神社のアクセス

向かったのは日曜日の昼下がり。

最寄り駅は、東急東横線、東急目黒線の多摩川駅です。

駅から歩いて3分程度で到着します。

ここから階段で上にあがります。

多摩川浅間神社の境内

手を洗って、お参り。

近々産まれる兄夫婦の赤ちゃんの祈願をします。

多摩川浅間神社の眺望

続いて、展望場へ向かいます。

久しぶりの多摩川浅間神社からの眺めです。

この眺めが素敵なのは、多摩川、富士山、丸子橋、新幹線、そして等々力陸上競技場と私の好きなものをいっぺんに見ることができるからです。

「好きなものに囲まれている」状態です。

この眺望を臨みながら、子どもが出来る前は何回も夫婦で来ていましたが、産まれてからは初めてかもしれないことに気付きました。

子どもも、次々と来る電車を指さしながら、楽しそうです。気に入ってくれると良いですね。

多摩川浅間神社の絵馬

そして、肝心の御守りです。

社殿に向かって右側の社務所に御守りがあります。

「シン・ゴジラ」の絵馬がありました。

ほっ。早速、購入しました。

そして、ここで一案が。

兄夫婦にまもなく子どもが産まれるのですが、兄も奥さんも、「シン・ゴジラ」が好きなので、喜んでくれるかもしれない。

神社の方に、絵馬を持って帰っても大丈夫でしょうか、と確認すると、絵馬は必ずしも神社に結んでおかなければならないものではなく、自宅で保管しておいてもよい、とのこと。

安心し、その場で兄に電話をしてみると、それは嬉しい、との返事。

兄の分も購入し、安産祈願として、後日渡すことができました。

無事に産まれることを祈るばかりです。